レース結果

【日本テレビ盃】7番人気の地元・船橋所属フィールドセンスが豪快に差し切りV


日本テレビ盃のレース結果

 本橋孝騎乗で7番人気のフィールドセンス(船橋)が7番手の追走から直線の外を鋭く伸び、半馬身差で交流重賞初制覇を飾った。タイム1分53秒0(良)。8歳ながら充実ぶりは顕著で、今後はマイル~1800メートルを中心にしたローテーションが組まれる。2着は米国帰りのクラウンプライド(JRA)で、さらに3馬身差の3着に大井のサルサディオーネ。1番人気のペイシャエス(JRA)は4着、フルデプスリーダーは競走除外となった。

 ◆本橋孝騎手(フィールドセンス1着)「いいデキだったので、一発があると思っていた。8歳でも若いし、いい脚を使ってくれる」

 ◆福永騎手(クラウンプライド2着)「初めての小回りをうまく立ち回ってくれた。勝ったと思ったけど…」

 ◆矢野貴騎手(サルサディオーネ3着)「流れがきつく、息が入らなかった。それでもよく3着に粘ってくれた」

 ◆菅原明騎手(ペイシャエス4着)「向こう正面から追走が苦しくなって、直線は脚が上がった。休み明けのぶんもあるかもしれない」

 ◆和田譲騎手(ギガキング5着)「内に押し込められて、窮屈な競馬になった。流れも少し速かった」

 ■フィールドセンス 父ストリートセンス、母クロスザレイチェル、母の父スペシャルウィーク。鹿毛の牡8歳。船橋・山下貴之厩舎所属。北海道新ひだか町・千代田牧場の生産馬で、馬主は前原敏行氏。戦績39戦7勝(うち中央36戦5勝)。獲得賞金1億6019万2000円(うち中央1億879万2000円)。重賞は2022年SⅢスパーキングサマーCに次ぐ2勝目。日本テレビ盃は山下貴之調教師、本橋孝太騎手ともに初勝利。馬名の意味は「競技場+父名の一部」。

レース展望

日本テレビ盃レース展望のノットゥルノ

 『第69回日本テレビ盃』(JpnⅡ、ダート1800メートル)が28日、船橋競馬場で行われる。昨年の覇者サルサディオーネ、3歳王者ノットゥルノのほか、JBCクラシックを制したミューチャリーなど、秋の大一番を占う一戦に多士済々な顔ぶれがそろった。

         ◇

 【見解】ジャパンダートダービーを優勝したノットゥルノを信頼する。着差はわずかながら能力を感じさせる走りで、古馬が相手でも引けを取らない。サルサディオーネは実力健在で、今年もチャンスがある。海外遠征で経験を積んだクラウンプライドの走りにも注目だ。



◆ノットゥルノ
 世代の頂点からダート界の頂点へ──。ノットゥルノはジャパンダートダービー(JpnⅠ)で待望の初タイトルを獲得。好位追走から4コーナーで先頭に並びかける横綱相撲で、惜敗続きの鬱憤を晴らした。生野賢㆒調教助手は「大きく変わりはないが、帰厩後も順調にきていて、調子自体はいいと思う。今回の条件も特に問題ないでしょう」と話す。不良馬場のジャパンダートダービーを制したフリオーソ、サクセスブロッケン、ノンコノユメの3頭はいずれも古馬GⅠ(JpnⅠ)を勝利しており、本馬にも大きな期待がかかる。主戦の武豊騎手は凱旋門賞のため不在だが、秋の大㆒番へ向けて弾みをつけたい㆒戦だ。 


日本テレビ盃レース展望のサルサディオーネ

◆サルサディオーネ
 連覇が懸かるサルサディオーネにも注目だ。けれん味のない逃げが持ち味で、牡馬混合のJpnⅡで2勝。キャリアの全13勝を左回りで挙げているように、典型的なサウスポーだ。JBCレディスクラシック(JpnⅠ)を見据えた盛岡遠征も難なくクリアし、「道中は自分のペースで逃げて、手応えも十分。いいレースができた」と矢野貴之騎手も納得の表情。衰え知らずの8歳牝馬が、今回も牡馬勢を翻弄するか。


日本テレビ盃レース展望のクラウンプライド

◆クラウンプライド
 クラウンプライドはUAEダービー(GⅡ)を制し、ケンタッキーダービー(米GⅠ)へ挑戦した。国内の重賞は初挑戦となるが、1800メートルは2勝を挙げた得意距離。海外での経験を糧に新たなスタートを切る。「前走後はしっかり休ませた。体の張りもあるし、だいぶ良くなってきた。ここまで順調にきていて、メンタル面も以前よりどっしりした感じがある。今後のために賞金を加算したい」と新谷功㆒調教師。


日本テレビ盃レース展望のペイシャエス

◆ペイシャエス
 ユニコーンS(GⅢ)を制したペイシャエス。400メートルの距離延長となったジャパンダートダービーは¾馬身差の2着に敗れたが「うまく対応してくれた。前走も踏まえると1800メートルはベストに思える」と小西㆒男調教師。「9月22日は田辺裕信騎手(実戦は菅原明良騎手)に追ってもらって感触も良かったし、いい感じできている。53㌔で出られるのは大きい。何とか逆転できれば」と好感触を得ている。

日本テレビ盃レース展望のミューチャリー


◆ミューチャリー
 昨年のJBCクラシック(JpnⅠ)を制したミューチャリー。前走の大井記念は最下位に敗れたが、大きく馬体を減らしていたのが響いた。「もう少し乗り込みたいところですが、徐々に良くなっているしカイバも食べています。地元1800メートルはいいので、底力に期待したいと思います」と森久保仁志調教師補佐。立ち直っていれば勝機がある。

日本テレビ盃レース展望のフルデプスリーダー


◆フルデプスリーダー
 フルデプスリーダーの勢いも侮れない。連勝でエルムS(GⅢ)を制し、夏の北海道で急成長を果たした。斎藤誠調教師は「JBC(クラシック)は2000メートルだから考えていないので、ここに全力投球。距離は延びるけどコーナー4つなのであまり変わらないし、右回り、左回りも関係ないと思う。何より今は調子がいい。前走で出遅れたけど、中間のゲート練習では問題ない」と期待を寄せる。


◆フィールドセンス
 JRA5勝の実績を誇るフィールドセンス。南関東転入初戦のプラチナCで3着に食い込むと、続くスパーキングサマーCで重賞初制覇を果たし、南関トップクラスの力を示した。広い船橋コースなら、持ち前の末脚を存分に生かせるはず。JRA勢が相手でも好勝負になる。


◆ギガキング
 マーキュリーC(JpnⅢ)では高速決着に対応できず5着のギガキングだが、走り慣れた地元の馬場に戻れば違うはず。1800メートルは6戦4連対と相性が良く、展開次第で上位に食い込める。

出馬表

過去10年成績&データ

日本テレビ盃2022の10年表

 ●データ =過去10年

 ▼人気……1番人気【6・0・2・2】、2番人気【1・3・2・4】、3番人気【1・6・2・1】。上位人気が中心の堅実なレース。単勝平均配当380円、馬連平均配当630円

 ▼所属……JRAが19連対(栗東15、美浦4)と圧倒的。地方は21年サルサディオーネ(大井)の1連対のみ

 ▼年齢……5歳が6連対で最多。4歳が5連対で続く。以下は6歳が4連対、7歳が3連対、3歳と8歳が1連対

 ▼実績……連対延べ20頭中18頭がダート重賞勝ち。残る2頭はダート1800mのOP特別1着からの臨戦だった

 ▼脚質……【逃3先13差4追0】

レース概要

日本テレビ盃のコース画像

開 催 日:2022年9月28日(水)

距  離:ダート左回り1,800m

出走資格:サラブレッド系 3歳以上

1着賞金:3,500万円

負担重量:負担重量:3歳53kg、4歳以上56kg、牝馬2kg減
2021年9月28日以降2022年9月23日まで、GI・JpnI競走1着馬2kg増、GII・JpnII競走1着馬1kg増。2021年9月27日以前のGI・JpnI競走1着馬1kg増(ただし、いずれも2歳時の成績を除く)

習志野きらっとスプリントの結果 かしわ記念の結果 東京湾カップの結果 若潮スプリントの結果 マリーンCの結果 21年度の重賞結果