レース結果

【かしわ記念】牝馬32年ぶり!ショウナンナデシコ逃走V


かしわ記念のレース結果

 吉田隼騎乗で2番人気ショウナンナデシコが、スタートから主導権を奪うと、後続の追い上げを封じて快勝した。重賞3連勝でJpnI初勝利。牝馬の勝利は1990年フジノダンサー以来32年ぶり。タイム1分38秒9(稍重)。1馬身半差の2着に5番人気ソリストサンダー、1番人気のテイエムサウスダンが3着で、JRA勢が上位を占めた。

 端午の節句のナイター決戦を逃げ切ったのは撫子(なでしこ)だった。2番人気のショウナンナデシコが牡馬の強豪を寄せつけず、1990年のフジノダンサー以来3頭目、97年のダートグレード格付け後では初の牝馬Vを達成した。

 「本当に強かったと思います。3、4コーナーで後続にのまれかけましたが、またセーフティーリードを取ったので〝いける〟と。深いダートで体の立派な牡馬を相手によく勝ってくれました」

 吉田隼騎手はダート界の新女王を手放しでたたえた。最内枠から好スタートを切ると迷わずハナへ。勝負どころでテイエムサウスダンが並びかけてきたが、直線では逆に突き放し、ソリストサンダーに1馬身半差をつけて押し切った。

 脚元に弱さを抱えて出世が遅れてきたが、5歳で本格化。「(吉田)隼人が思い切った競馬をしてくれたし、スタッフも懸命にやってくれた。深いダートをよくこなしてくれたね」と須貝調教師は破顔一笑だ。今後は未定だが、昨年は同じオルフェーヴル牝馬のマルシュロレーヌが米GⅠのBCディスタフを制覇。ナデシコもさらなるビッグタイトルへと突き進む。(漆山貴禎)

 ■ショウナンナデシコ 父オルフェーヴル、母ショウナンマオ、母の父ダイワメジャー。栗毛の牝5歳。栗東・須貝尚介厩舎所属。北海道日高町・天羽牧場の生産馬で、馬主は国本哲秀氏。戦績21戦8勝(うち地方4戦3勝)。獲得賞金2億3894万9000円(うち地方1億4770万円)。重賞は2022年JpnⅡエンプレス杯、JpnⅢマリーンCに次いで3勝目。かしわ記念は須貝尚介調教師、吉田隼人騎手ともに初勝利。馬名の意味は「冠名+撫子」。

 ◆戸崎騎手(ソリストサンダー2着)「覇気があって、リズム良く行けたけど、最後は脚いろが一緒になった」

 ◆岩田康騎手(テイエムサウスダン3着)「身体も馬場も重かった。3コーナーで並びかけていったけど、脚が上がってしまった」

 ◆本田重騎手(カジノフォンテン4着)「思い通りの競馬ができて、折り合いも問題なかった。力は出せた」

 ◆武豊騎手(インティ7着)「折り合いはついたけど反応がなかった。前走は掛かったし、難しいところがある」

レース展望

かしわ記念レース展望のテイエムサウスダン

 『第34回かしわ記念』(JpnⅠ、ダート1600㍍)が5日、船橋競馬場で行われる。昨年は地元・船橋所属のカジノフォンテンが10年ぶりとなる地方馬Vを達成。連覇に期待がかかるが、今年もJRA勢は手ごわいメンバーがそろっており混戦必至だ。

         ◇

 【見解】テイエムサウスダンの前走を評価。持ち前のスピードに加えて持続力が備わり、今回も二枚腰を発揮できれば突破可能だ。カジノフォンテンは状態が上向いており、昨年同様のパフォーマンスを期待。ショウナンナデシコは牡馬相手だが、近走の充実ぶりなら好勝負が期待できる。



◆テイエムサウスダン
 テイエムサウスダンは前走のフェブラリーS(GⅠ)で、不安視されていたマイルを克服して2着。残り1ハロンで勝ち馬にかわされたものの、しぶとく逃げ粘り距離にめどを立てた。飯田雄三調教師は「理想的な展開で競馬ができていたし、最後もよく踏ん張った。あのメンバーを相手に、距離を延ばしてマイルをクリアできたことは大きな収穫」と成長をたたえた。その後についても「すごく順調。ここにきて力をつけていて、充実ぶりが顕著。逃げてもいいし、他が行けば控えてもいいし、自在性が出てきたからね。本当に楽しみ」と指揮官は期待を寄せ、悲願のビッグタイトルへ盤石の構えを見せている。


かしわ記念レース展望のカジノフォンテン

◆カジノフォンテン
 連覇に挑むカジノフォンテンにも注目だ。昨年の当レース以降は勝ち星がなく、南関同士の京成盃グランドマイラーズでも2着に敗れたのは気になるが、JpnⅠ2勝の実力は無視できない。「使ったことで雰囲気が変わり、前走とは状態面が全く違う。中間も上々の時計を出せているし、地元の利もある。連覇を期待したい」と山下貴之調教師。力の要る今の船橋コースへの対応は鍵だが、JRA勢が相手のマイル戦ならスムーズに折り合えるはずだ。


かしわ記念レース展望のショウナンナデシコ

◆ショウナンナデシコ
 ショウナンナデシコは前走のマリーンC(JpnⅢ)を8馬身差で圧勝。持ちタイムに不安は残るものの、勢いづいた今なら牡馬相手でも十分に楽しみな㆒頭だ。「前走後も息の入りは良かったですし、うまく調整できています。牡馬が相手になりますが、斤量は前走より少し軽くなりますからね。前走くらい走ってくれれば」と須貝尚介調教師。


かしわ記念レース展望のソリストサンダー

◆ソリストサンダー
 昨年はハナ差2着のソリストサンダー。その後は武蔵野S(GⅢ)制覇を含め、マイルでは4戦して全て掲示板内の堅実な走りを見せている。「ここ2戦、GⅠやドバイ(ゴドルフィンマイル4着)で相手がそろったなかでよく頑張って走ってくれましたね。その後も特に疲れなどを見せず、調子は良さそうです。7歳ですが年齢による衰えは全くなく、安定して力を出してくれています。今回は帰国初戦という点が鍵ですね」と高柳大輔調教師。トップレベルとの対戦を糧に、雪辱を果たせるか。


かしわ記念レース展望のインティ

◆インティ
 勝ち星から遠ざかっているインティだが、かしわ記念は過去2、3着の実績があり、決して見限れない存在だ。「最近は思ったよりも行けなくなっている。かといって、抑える競馬を覚えさせようとしたが、それも身についていない。掛かって終わってしまう。ただ、体調自体は悪くないし船橋も相性はいいので、内枠に入ってスムーズに回ってこられれば」と野中賢二調教師。行き脚は鈍くなったが、スタート地点からダートの舞台なら、先手争いが有力になる。



◆エアスピネル
 芝・ダートでGⅠ2着の実績があるエアスピネル。前走のフェブラリーSは大外枠が影響し、不完全燃焼の9着に終わっただけに、巻き返しに期待したい。「その後は目標をここに切り替えて、放牧を挟んで順調に調教をこなせています。動きはいいですし、状態は悪くないです。コーナー4つも経験していますし、うまくかみ合えば。9歳ですが気持ちの衰えは感じません」と笹田直義調教助手。不屈の闘志で13回目のビッグレースへ挑む。


◆サンライズノヴァ
 サンライズノヴァの前走・フェブラリーSは前に行った馬の決着となり展開が向かなかったが、上がり3ハロン2位をマークしており末脚は健在だ。「早めに帰厩させてしっかり動かしていますし、ここまで順調にきています。かしわ記念は3度目ですし、舞台は特に問題ないと思います。衰えも特に感じないので、展開がはまれば」と生野賢㆒調教助手。鞍上にD・レーン騎手を配し、2度目のJpnⅠタイトルを目指す。

◆タイムフライヤー
 2歳時にホープフルS(GⅠ)を制し、早い時期から活躍したタイムフライヤー。前走のフェブラリーSでは0秒7差の5着に追い上げ、7歳になっても高い能力を示している。「馬体に張りが出て、すごく良くなっている。南関の馬場が合ってくれれば」と内田勝義調教師。転入初戦でも注目だ。

◆ギャルダル
 昨年の東京ダービー2着馬のギャルダル。重賞は未勝利だが、その後の同世代の活躍を見れば、力は見劣りしない。今回と同じ船橋1600㍍で連勝中と勢いにも乗っており、JpnⅠのメンバーでも注意が必要だ。

出馬表

過去10年成績&データ

かしわ記念2022の10年表

 ●データ =過去10年

 ▼人気……1番人気【0・3・3・4】、2番人気【6・0・1・3】、3番人気【2・1・2・5】。1番人気が11連敗中で、5番人気以下が7年連続で馬券に絡んでいる。単勝平均配当710円、馬連平均配当2590円

 ▼所属……JRAが17連対で、全て栗東所属。地方は船橋が2連対、大井が1連対

 ▼年齢……6歳が5連対でトップ。以下は7歳と5歳がそれぞれ4連対、8歳と4歳がそれぞれ3連対。9歳も1連対しておりベテラン勢の活躍も目立つ

 ▼実績……連対14頭がダートGI(JpnI)勝ち馬。残る6頭中5頭にはダート1600m以上で重賞勝ちかGI(JpnI)で3着以内の実績があった

 ▼前走……3着以内に入った30頭のうち21頭がフェブラリーSだった

 ▼脚質……【逃6先7差7追0】。3着以内の30頭中24頭が4コーナー4番手以内

レース概要

かしわ記念のコース画像

開 催 日:2022年5月5日(木・祝)

距  離:ダート左回り1,600m

出走資格:サラブレッド系 4歳以上

1着賞金:8,000万円

負担重量:牡馬57kg、牝馬55kg(南半球産の4歳馬1kg減)

レース結果

【東京湾カップ】3番人気タツノエクスプレスが重賞初制覇


東京湾カップレース結果

 和田譲騎乗で3番人気のタツノエクスプレスが、3番手追走から直線で逃げた1番人気のロマンスグレーとの激しい競り合いを半馬身差制し、重賞初制覇を飾った。タイム1分50秒0(稍重)。2着にロマンスグレーが粘り、この上位2頭は東京ダービー(6月8日、大井、SⅠ、ダ2000メートル)の優先出走権を獲得した。さらに2馬身半差の3着にフレッシュグリーンが入った。

◆和田譲騎手(タツノエクスプレス1着)「外枠で競馬がしやすかったし、3コーナーで自分からハミをとってくれた。センスもいいから楽しみ」
◆田辺陽調教師(同)「休養を入れたことで成長してくれたし、鞍上も折り合いをつけてうまく乗ってくれた。次走は東京ダービーの予定」

◆左海誠騎手(ロマンスグレー2着)「スタートしてから少しもたついた。間隔がなくて疲れがあったのかも。悔しいね」
◆矢野貴騎手(フレッシュグリーン3着)「末脚がしっかりしてきた。今後も道中で気を使わずに走れるかが鍵」
◆仲野光騎手(キャッスルブレイヴ4着)「うまくさばけるようになってきた。紛れがあれば、一発もあると思う」
◆御神本訓騎手(マイブレイブ5着)「思ったよりも早めにバテてしまった」

レース展望

東京湾Cレース展望のロマンスグレー

 続く4日には『第36回東京湾カップ』(SⅡ、ダート1700㍍)が船橋競馬場で行われる。トライアルを圧勝したロマンスグレーをはじめ、大舞台を夢見る3歳馬が集結。東京ダービーへの切符2枚をめぐる熱戦が繰り広げられる。

         ◇

 【見解】充実㆒途のロマンスグレー。ハイペースで逃げながら二枚腰を使った前3走の内容が良く、勝ち時計も優秀。引き続き船橋1700㍍なら4連勝のチャンスだ。地力は高いマイブレイブとメンタイマヨが相手候補。



◆ロマンスグレー
 ロマンスグレーはデビューから7戦してパーフェクト連対。特に3歳を迎えてからは3連勝と、着実なパワーアップを果たしている。トライアルのブルーバードCは6馬身差をつける圧勝で、林正人調教師は「速いペースで逃げて踏ん張れたし、時計のかかる馬場も苦にしなかった。以前より体つきが良くなって、最後まで重心の低い走りができるようになってきたね。控える競馬もできると思うし、状態も維持できているから」と自信をのぞかせる。多少、力みながら走る面はあるが、他馬の追随を許さないスピードは魅力で、しぶとさも兼備。重賞のメンバーでも主役を演じるに違いない。


東京湾Cレース展望のマイブレイブ

◆マイブレイブ
 マイブレイブは門別でデビューし、昨秋に船橋に移籍。平和賞で2着、年明けの雲取賞でも4着に食い込むなど、重賞レベルの力を示している。前走の京浜盃は1コーナーで外に振られる不利があっての9着。川島正㆒調教師は「それがあっても、もう少し頑張れたのではないかという思いはある。でも、力は重賞でも引けを取らないと思うし、変わりなく調整できている。ここで改めて期待したい」と馬に信頼を寄せている。見限るのは早計だろう。


東京湾Cレース展望のメンタイマヨ

◆メンタイマヨ
 自在性が強みのメンタイマヨ。前走の京浜盃(11着)は1コーナーで大きく外に振られる不利があり、度外視していい。「思ったよりも良化度合いはスローだけど、前走のダメージはないし、スピード負けしないことも証明できたね。使ったことで気合が乗ってきているので、スムーズな競馬ができれば好勝負になるはず」と林隆之調教師。立ち回り次第で勝機も十分だ。


東京湾Cレース展望のキャッスルブレイヴ

◆キャッスルブレイヴ
 キャッスルブレイヴは17戦を消化して1勝にとどまっているが、ハイレベルな特別戦で好走歴があり、京浜盃で6着に食い込んだことからも大きな力差はない。「前走もうまく立ち回れば3着はあった。状態は悪くないので、強気な競馬ができればチャンスも」と渋谷信博調教師。



◆タツノエクスプレス
 重賞では今ひとつのタツノエクスプレスだが、堅実なレース運びは魅力。「前走は内でゴチャついて6着だったけど、すんなり追走できれば違うはず。広いコースも合うと思う」と田辺陽㆒調教師。スムーズに立ち回れれば、初コースでも好勝負になる。



◆イライジャ
 差す競馬でも3着があるイライジャだが、0秒6差に踏ん張った前走を見ると、スムーズに先行する競馬がベスト。今回からブリンカーを着用する予定で、集中して走れれば上位に食い込める。


◆キャッスルロック
 息長く脚を使うキャッスルロックも侮れない。0秒7差に追い上げた前走の内容が良く、広い船橋コースに替われば、さらに持ち味を発揮できそうだ。

出馬表

過去10年成績&データ

東京湾カップ2022の10年表

 ●データ =過去10年

 ▼人気……1番人気【3・2・0・5】、2番人気【2・3・3・2】、3番人気【1・2・1・6】。単勝平均配当760円、馬連平均配当1900円

 ▼所属……地元の船橋が15連対と圧倒的。ほかに川崎が3連対、大井が2連対

 ▼実績……連対20頭中14頭に船橋1600m以上での連対歴。残る6頭中5頭には重賞5着以内の実績があった。準重賞になった2017年以降のブルーバードC3着以内は【0・4・2・6】。

 ▼前走……連対15頭が3着以内だった

 ▼脚質……【逃3先10差5追2】

レース概要

東京湾カップのコース画像

開 催 日:2022年5月4日(水・祝)

距  離:ダート左回り1,700m

出走資格:サラブレッド系 3歳

1着賞金:1,800万円

負担重量:牡馬55kg、牝馬53kg(南半球産の3歳馬2kg減) 令和4年4月22日現在の番組賞金1,000万円毎に1kgずつ、牡馬59kg、牝馬57kgを上限として加増する。

レース結果

【若潮スプリント】スティールルージュが4馬身差でV


若潮スプリントレース結果

 本橋孝太騎乗で2番人気のスティールルージュが、2番手追走から3コーナーで先頭に立ち、直線で力強く伸びて4馬身差をつけ、重賞4勝目を飾った。タイム1分13秒2(重)。同馬はサンケイスポーツ盃優駿スプリント(6月28日、大井、SⅡ、ダ1200メートル)と、習志野きらっとスプリント(7月26日、船橋、SⅠ、ダ1000メートル)の優先出走権を獲得した。3番手から押し上げたスタースタイルが2着。さらに¾馬身差の3着に1番人気のランディスシティが入った。

◆本橋孝騎手(スティールルージュ1着)「底力があるし、落ち着いた面とスイッチが入る面と、両方を持っている。距離の幅は広いと思う」
◆張田京調教師(同)「強い内容だった。余計なことをしないのが強みだね。次走は優駿スプリントの予定」
◆森泰斗騎手(スタースタイル2着)「初めての左回りでよく頑張った。少し硬さがあったから、良くなる余地がある」
◆笹川翼騎手(ランディスシティ3着)「走るうちにペースに慣れて、勝ち馬の後ろにつけられたけど、最後は脚が上がった」
◆石崎駿騎手(エスポワールガイ4着)「初めての遠征で、チャカチャカしていた。これからの馬」
◆矢野貴騎手(ヒストリックノヴァ5着)「ひと息入れたぶん、つくりに余裕があった。ワンターンは合う」

■スティールルージュ  父マジェスティックウォリアー、母ディアユリアザミ、母の父ボストンハーバー。鹿毛の牝3歳。船橋・張田京厩舎所属。北海道浦河町・ディアレストクラブの生産馬で馬主は菅野守雄氏。戦績12戦6勝。獲得賞金4184万円。重賞は2021年H3フルールC、SIIローレル賞、22年SIIユングフラウ賞に次いで4勝目。若潮スプリントは張田京調教師、本橋孝太騎手ともに初勝利。

レース展望

若潮スプリントレース展望のランディスシティ

 ゴールデンウイークの船橋ケイバは、3日間連続で重賞を開催。第1弾となる3日には『第2回若潮スプリント』(SⅢ、ダート1200㍍)が行われる。注目の外国産馬ランディスシティやトライアル勝ちのグレンノハナなど南関東のスピード自慢が覇を競う。

         ◇

 【見解】ランディスシティは初めての1200㍍だが、レースセンスが高く、ペースの違いには対応できそう。船橋コースにも不安はなく、引き続き争覇圏。1200㍍がベストのグレンノハナ、鋭い末脚があるカプティフも有力。



◆ランディスシティ
 ランディスシティはデビューから4戦3勝、2着1回の好成績。まだ馬体が幼く、完成するのは先だが、ポテンシャルの高さは相当だ。今回は初めてのスプリント戦に対応できるかが鍵だが、「マイル以下が合っているという認識ですし、スピードがあるのでこの距離もこなせると思います。順調に調整できていて、前走を使った上積みも感じます」と森下淳平調教師。以前は道中で遊ぶ面を見せることもあったが、この距離なら集中力が続くはずで、前走で2着に踏ん張ったように時計のかかる馬場もOK。左回りを経験しているのも強みで、重賞のメンバーでも勝機は十分だ。


若潮スプリントレース展望のグレンノハナ

◆グレンノハナ
 転入初戦こそ4着に敗れたグレンノハナだが、1200㍍に距離を短縮した2走前を2馬身半差で制すると、トライアルの弥生スプリントも快勝した。門別での走りを見てもスプリント戦がベストで、差す競馬ができる強みもある。「入厩当初は幼かったけど、馬体面が良くなり、力もつけてきた。重賞でどれだけやれるか楽しみ」と佐藤裕太調教師。連勝の勢いに乗って重賞制覇を狙う。


若潮スプリントレース展望のカプティフ

◆カプティフ
 カプティフは早くから頭角を現し、ゴールドジュニアで4着。休養後は勝ち切れていないが、58㌔の負担重量を背負いながら0秒1差に迫った前2走を見れば、㆒枚上の能力がある。宗形竹見調教師は「斤量が重いなかでも確実に差してきているし、力をつけている。船橋を使った際も窮屈になりながら差してきたので、うまくさばければチャンス」と期待を寄せている。


若潮スプリントレース展望のヒストリックノヴァ

◆ヒストリックノヴァ
 前2走が案外だったヒストリックノヴァだが、エーデルワイス賞(JpnⅢ)で2着があるように短距離適性は高い。「2走前は出遅れ、前走は乱ペースが響いた。牡馬相手でもやれると思うけど、今回は馬体に少し余裕があるかも…」と渡辺和雄調教師。当日の馬体重次第か。


若潮スプリントレース展望のスティールルージュ

◆スティールルージュ
 ユングフラウ賞など重賞3勝の実績を誇るスティールルージュも力は引けを取らない。門別所属時には1000㍍の重賞(フルールC)を勝っており、距離短縮は問題ない。成績通りムラがあるタイプだが、力を出せれば牡馬相手でも楽しみだ。



◆シャインポラリス
 シャインポラリスの母ユーリカは川崎900㍍のレコードホルダー。この馬自身もスピード能力が高く、転入後の2戦はともに逃げて連対を果たしている。自分の形に持ち込めればチャンスだ。


◆クラサーベル
 門別のイノセントCで3着があるクラサーベル。転入後もスプリント路線で堅実な末脚を見せており、今回のメンバーでも互角の力がある。立ち回りのうまさを発揮できれば好勝負だ。

出馬表

過去成績&データ

若潮スプリント2022の10年表

レース概要

若潮スプリントのコース画像

開 催 日:2022年5月3日(火・祝)

距  離:ダート左回り1,200m

出走資格:サラブレッド系 3歳

1着賞金:1,200万円

負担重量:牡馬56kg、牝馬54kg(南半球産の3歳馬2kg減) 令和4年4月22日現在の番組賞金1,000万円毎に1kgずつ、牡馬59kg、牝馬57kgを上限として加増する。

マリーンCの結果

21年度の重賞結果