2019.10.10 14:37

井岡一翔、大みそかにV1戦 シントロンと指名試合/BOX

井岡一翔、大みそかにV1戦 シントロンと指名試合/BOX

大晦日に世界戦を行うことを発表した井岡一翔=東京都港区赤坂・TBSテレビ(撮影・大橋純人)

大晦日に世界戦を行うことを発表した井岡一翔=東京都港区赤坂・TBSテレビ(撮影・大橋純人)【拡大】

 プロボクシングのWBO世界スーパーフライ級王者の井岡一翔(30)=Reason大貴=が10日、東京・港区のTBS放送センターで会見を開き、12月31日に東京・大田区総合体育館で初防衛戦を行うことを発表した。指名挑戦者で同級1位のジェイビエール・シントロン(24)=プエルトリコ=と対戦する。

 井岡は今年の6月19日にWBO世界同級王座決定戦で、当時同級1位のアストン・パリクテ(28)=フィリピン=を10回1分46秒TKOで破り、日本男子初の世界4階級制覇を達成した。同26日に1学年上の元モデルの一般女性と再婚。8月21日には自身のインスタグラムを更新し、第1子となる長男が誕生したことを明かした。

 シントロンはアマチュア時代に2012年ロンドン五輪、16年リオデジャネイロ五輪に出場。ロンドン五輪では8強入りした技巧派のサウスポーだ。リオ五輪後に米有力プロモーション会社のトップランク社と契約を交わし、17年4月にプロデビューした。今年5月にWBO世界同級挑戦者決定戦で江藤光喜(31)=白井・具志堅スポーツ=と対戦。江藤の偶然のバッティングにより1回に倒され、無効試合となった。8月に江藤と再戦し、2回に左ストレートでダウンを奪うなどして判定勝ち。井岡への挑戦権を手にした。プロ戦績は12戦11勝(5KO)1無効試合。

 井岡は「1位の選手で、アマチュアとしての実績があり、テクニックがあるという印象。難敵だと思う」と警戒した。家族が増え、父となった井岡は「一家の大黒柱として、男としての役割を果たす。厳しい闘いになると思うが、良い形で今年(の大みそか)も勝ちたい」と強い決意で8度目の大みそかのリングに上がる。

  • WBOのベルトを前に会見を行う井岡一翔=東京・港区赤坂・TBSテレビ(撮影・大橋純人)
  • 今年の大晦日に世界戦を行うことを発表した井岡一翔後方のパネルには対戦相手のジェイビエール・シントロンの顔写真が=10日午後、東京都港区赤坂・TBSテレビ(撮影・大橋純人)