2019.4.23 05:03

岡村孝子の元夫・石井浩郎氏、自身も「夢を-」聞いて急性肝炎克服

岡村孝子の元夫・石井浩郎氏、自身も「夢を-」聞いて急性肝炎克服

石井浩郎氏

石井浩郎氏【拡大】

 「夢をあきらめないで」「待つわ」などのヒットで知られるシンガー・ソングライター、岡村孝子(57)が22日、インスタグラムなどで、急性白血病と診断されたことを発表した。所属事務所によると、17日に体調不良を訴えて受診し、翌18日に緊急入院した。長期治療を受けることになった岡村は「また、皆さんとお会いできる日を信じて頑張ります」と前を向いている。6月からの全国ツアーは中止になったが、新アルバムは5月22日に予定通り発売。ファンは岡村が再びステージに立つ日を、あきらめないで待っている。

 岡村の元夫で元プロ野球選手の石井浩郎参院議員は「今回の報道を聞いてショックを受けております」と書面でコメントを寄せた。プロ野球時代に近鉄、巨人、ロッテ、横浜(現DeNA)で活躍した石井氏は「私もプロ一年目のキャンプで、急性肝炎を患い、『夢をあきらめないで』を何度も聴いて、病に打ち勝つことができました」と述懐。「岡村さんにも一刻も早くご回復して頂き、ファンの皆様の前に元気なお姿で戻ってこられることを心より祈念申し上げます」(原文ママ)と記した。