2018.9.2 11:00(1/3ページ)

【大河のころ 西田敏行(1)】上野公園の銅像に風貌近づけ「ご存じ、西郷隆盛」

【大河のころ 西田敏行(1)】

上野公園の銅像に風貌近づけ「ご存じ、西郷隆盛」

特集:
大河のころ
鹿児島ロケで撮影された西郷と大久保の別れのシーン。西田(左)と鹿賀(右)は迫真の演技を見せた=1990年7月撮影

鹿児島ロケで撮影された西郷と大久保の別れのシーン。西田(左)と鹿賀(右)は迫真の演技を見せた=1990年7月撮影【拡大】

 放送55周年のNHK大河ドラマ歴代主演俳優に迫る大型連載第7回は、1972年の「新・平家物語」を皮切りに語りを含む13作に出演、うち4作に主演した“大河のキング”西田敏行(70)。初主演となった90年の「翔ぶが如く」は鹿賀丈史(67)とのW主演作で、西郷隆盛を演じた。現在放送中の「西郷どん」の語りを担当しており、話の始まりは自然と新旧の西郷どんに…。

 今、僕が語りを務めている「西郷どん」は、鈴木亮平くん(35)が西郷隆盛を大事に演じています。アドバイスなんてないですね。彼の西郷隆盛を完結してほしい。面白く拝見しています。

 僕が司馬遼太郎さんの原作の「翔ぶが如く」で西郷隆盛を演じたときは政治劇に寄った内容でした。当時、福島育ちの僕の周りには、戊辰戦争で薩長にひどいめにあったという認識を持ったじいちゃん、ばあちゃんたちがいて、反感を買うかと危惧しましたね。

 でも、西郷といえば、わが郷土が舞台の大河ドラマ「八重の桜」で演じた会津藩家老、西郷頼母(たのも)がいます。彼は明治政府がどんな国を作るか、生き恥をさらしても見てやるという気持ちで死んでいった切ない男。会津の人が西郷隆盛の存在をどこかで認めているのは、そんな関わりからくるのかもしれないですね。「薩摩の人間で、しかも“西郷”をやるんだったらいいんじゃねぇの」って、認めてもらったんです。

 隆盛は、中学時代の修学旅行で見た上野公園の銅像のような風貌、風体にしてみたいなって、イメージを浴衣姿にしたんです。そうすれば「ご存じ、西郷隆盛」となるでしょう?

【続きを読む】

  • 上野公園の銅像
  • 西田敏行が出演した大河ドラマ
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 【大河のころ 西田敏行(1)】上野公園の銅像に風貌近づけ「ご存じ、西郷隆盛」