2018.9.5 05:04(1/3ページ)

吉田、5日韓国斬る! 日本、“準完全”リレーでコールド連勝/U18アジア

吉田、5日韓国斬る! 日本、“準完全”リレーでコールド連勝/U18アジア

特集:
U18アジア選手権
チームのムードも最高潮。吉田(右)は柿木(左)と勝利を喜び、蛭間に手荒い(?)祝福 (撮影・水島啓輔)

チームのムードも最高潮。吉田(右)は柿木(左)と勝利を喜び、蛭間に手荒い(?)祝福 (撮影・水島啓輔)【拡大】

 U18アジア選手権(4日、スリランカ0-15日本=六回規定によりコールド、サンマリン宮崎)日本、連夜のコールド勝ち! 1次リーグ3試合が行われ、A組の高校日本代表は、スリランカを15-0の六回コールドで下して2連勝とし、2次リーグ進出を決めた。先発の渡辺勇太朗投手(浦和学院)が3回無安打無失点で流れをつくると、3投手の継投で“準完全試合”を達成した。試合中には吉田輝星投手(金足農)がブルペンで50球を投げ、5日の1次リーグ第3戦・韓国戦に向けて最終調整。最高の流れで“平成最後の怪物”が国際舞台に上がる。

 あっさりと1次リーグ突破を決めた。先発の渡辺は直球を軸にスリランカ打線を手玉に取り、6奪三振。二回一死から四球で1人走者を出したが、次打者を併殺打に仕留め、3回を9人で終わらせた。

 「相手を見てストレート中心に配球した。スライダーも狙ったところに投げられました」

 三振を狙いたい場面では自ら「生命線」とするスライダーを制球した。渡辺からバトンを受けた山田(高岡商)、奥川(星稜)も無安打に抑え、3投手で“準完全試合リレー”を達成した。

 その試合中、ブルペンで牙を研ぐ“怪物”の姿があった。5日の韓国戦に登板予定の吉田が、変化球を交えて50球を投げ、最終調整。試合前には柿木(大阪桐蔭)とキャッチボールで汗を流し、約80メートルの遠投や約20メートルの距離から試合に近い強度で投げるなど入念に肩を温めた。

【続きを読む】

  • 勝利を収め、スリランカの選手と握手を交わす(左から)根尾、藤原、小園
  • 試合前練習、練習に臨む吉田輝星=木の花ドーム(撮影・水島啓輔)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 高校野球
  4. 吉田、5日韓国斬る! 日本、“準完全”リレーでコールド連勝/U18アジア