2019.10.8 05:00

DeNA・ラミレス監督、敗退も「恥じることない」

DeNA・ラミレス監督、敗退も「恥じることない」

 (セ・クライマックスシリーズ・ファーストステージ第3戦、DeNA1-2阪神、阪神2勝1敗、7日、横浜)3度目のCSで初のファーストステージ敗退。ラミレス監督は「ベストを尽くし、ベストな選手でこういう結果になった。何も恥じることはない」と気丈に振る舞った。今CSでは今永を救援に回し、シーズン終盤は中継ぎだった石田、故障離脱していた浜口、不調だった平良を先発に起用。3投手は期待に応えたが、この日は2つの暴投が2失点に絡んだ。過去2度のCSで『短期決戦の鬼』と称された采配も空回りし、下克上の夢は雨中の激闘に散った。

試合結果へCS日程へ