2019.10.7 05:04(1/2ページ)

ラミDeNA逆王手!乙坂がCS初の代打サヨナラ弾、九回2死追いつかれ…その裏劇勝

ラミDeNA逆王手!乙坂がCS初の代打サヨナラ弾、九回2死追いつかれ…その裏劇勝

九回にサヨナラ2ランを放ち、ガッツポーズを決める乙坂(中央)。歓喜のウオーターシャワーを浴びた(撮影・荒木孝雄)

九回にサヨナラ2ランを放ち、ガッツポーズを決める乙坂(中央)。歓喜のウオーターシャワーを浴びた(撮影・荒木孝雄)【拡大】

 (セ・クライマックスシリーズ・ファーストステージ第2戦、DeNA6x-4阪神、1勝1敗、6日、横浜)セ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージ第2戦が行われ、レギュラーシーズン2位のDeNAが3位・阪神に6-4でサヨナラ勝ちし、対戦成績を1勝1敗とした。追い付かれた直後の九回、乙坂智外野手(25)がCS史上初となる代打サヨナラ弾を放ち、試合を決めた。劇的な勝利を飾ったDeNAは、7日の第3戦に勝つか引き分ければ2年ぶりのファイナルステージ進出が決まる。

 横浜の夜空に舞った白球は、青く染まった右翼席へ吸い込まれた。乙坂が劇的なサヨナラアーチ。両拳を突き上げて生還すると、ウオーターシャワーで祝福された。

 「勝ちました!! 入ると思わなかったけど、手応えはありました。サヨナラホームランは初めてなので実感が湧かないけど、勝ててうれしいです」

 守護神・山崎が九回2死走者なしから追いつかれ、4-4で迎えたその裏の攻撃。1死一塁で代打として登場したのが乙坂だった。初球、バントの構えで揺さぶると、2球目の置きにくるような甘い直球を仕留めた。1勝1敗のタイとする起死回生の2ラン。CSでの代打サヨナラ本塁打は史上初の快挙だ。

 左投げの岩崎に対し、今季は対左腕で打率1割台だった左打ちの乙坂。定石と異なる采配には伏線があった。雨中の“泥試合”となった2017年。乙坂は、同じ阪神とのCSファーストステージ第2戦(甲子園)で代打3ランを放つなど活躍し、同年のCSで代打の新記録となる5打点をマークした。

【続きを読む】

  • 乙坂が劇的なアーチ。CSでの代打サヨナラ本塁打は史上初だ(撮影・斎藤浩一)
  • 9回、サヨナラ2点本塁打を放つDeNA・乙坂=横浜スタジアム(撮影・長尾みなみ)
  • 1回、2点本塁打を放つDeNA・ロペス=横浜スタジアム(撮影・長尾みなみ)
  • DeNAのクライマックスシリーズ
  • PO&CSファーストステージで1勝1敗に追いついた球団
  • 1回、阪神・大山から三振を奪いガッツポーズする先発のDeNA・浜口=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)
  • 3回、本塁打を放つDeNA・筒香=横浜スタジアム(撮影・長尾みなみ)
  • 6回、左適時打を放つDeNA・神里=横浜スタジアム(撮影・長尾みなみ)
  • 投球するDeNA・今永=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)
  • 投球するDeNA・パットン=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)
  • 笑顔で勝利のタッチをかわすDeNA・ラミレス監督=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)
  • 声援に応えるDeNA・ラミレス監督=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)