2019.10.6 20:19

DeNA・山崎、回跨ぎで同点被弾も仲間に救われ「感謝」

DeNA・山崎、回跨ぎで同点被弾も仲間に救われ「感謝」

 セ・リーグ2位のDeNAは6日、クライマックスシリーズ(CS)ファーストステージ第2戦(横浜)で劇的なサヨナラ弾で阪神を5-4で破った。

 乙坂のサヨナラ弾を見届けた『ハマの守護神』山崎康晃投手は、「仲間が打ってくれた。本当に感謝の気持ちしかない」と最敬礼した。

 八回から登板し、阪神打線を三者凡退の完璧投球。レギュラーシーズンでも1度しかなかった「回またぎ」で九回のマウンドにも上がり、近本、代打・木浪を簡単に打ち取った。しかし、ベテラン福留に甘く入った150キロの直球を右翼席に運ばれた。

 「絶体絶命、僕の後には誰もいない、という気持ちで投げた。あの1球だけ失投でした」と悔やんだ山崎。決戦となる7日の第3戦でもブルペン入りし登板に備える。「もう一度心を入れ替えて、今晩からしっかり準備したい」と雪辱を誓い前を見据えた。