2019.9.11 05:00(1/2ページ)

【男女マラソン五輪へいざ決戦】設楽悠太、兄・啓太の分まで「2人で勝ちに行く」

【男女マラソン五輪へいざ決戦】

設楽悠太、兄・啓太の分まで「2人で勝ちに行く」

設楽悠(右)と兄の啓太。所属先の垣根を越えた異例の兄弟合宿で調整した (撮影・鈴木智紘)

設楽悠(右)と兄の啓太。所属先の垣根を越えた異例の兄弟合宿で調整した (撮影・鈴木智紘)【拡大】

 2020年東京五輪マラソン代表選考会「グランドチャンピオンシップ」(MGC)が15日に東京・明治神宮外苑いちょう並木発着で行われる。男女の有力選手を各3回取り上げる連載の1回目で、男子は設楽悠太(27)=ホンダ=を紹介する。前日本記録保持者の設楽悠は、双子の兄・啓太(日立物流)の思いを背負う。

 携帯電話に兄・啓太からの連絡が届いた。7月初旬、マラソンの合同練習の誘いだった。悠太はチームスタッフに頼み、所属の異なる啓太との合宿が実現。8月上旬、北海道紋別市の起伏に富んだコースを走った。

 「1人だと甘さが出る。2人でやった方が中身は濃い。パートナーになってくれて感謝しています」と悠太。MGC出場を逃した啓太は、今月29日のベルリンマラソンを目指して練習強度を高めたいと考えていた。2人での切磋琢磨(せっさたくま)は、箱根路を沸かせた東洋大時代以来だった。

 「あいつ(兄)の走りを見て強くなった」と悠太が言えば、「(弟が)いなかったら僕はもうこの世界にいない」と啓太。学生時代は啓太の方がタイムは速かった。悠太はその背中に食らいつき、立場を入れ替えた。

【続きを読む】