2019.4.27 19:25

小嶋真子、最後の大舞台に感慨深げ「最近はいろんなことがあったりする」

小嶋真子、最後の大舞台に感慨深げ「最近はいろんなことがあったりする」

 AKB48を卒業する小嶋真子(21)のセレモニーが27日、横浜スタジアムで開かれた。

 同日行われた「AKB48グループ春のLIVEフェス」のクライマックスで実施。白のドレス姿の小嶋は14歳から始まったアイドル人生を振り返り、「たくさんの方に自分のアイドル姿を見てもらえて見送ってもらえるのは幸せでありがたい」と最後の大舞台に感慨深げ。チャームポイントの笑顔に涙をにじませながら、「真子ちゃんの笑顔があるから頑張れたといってくれる方がたくさんいて、みんなのおかげで笑顔でいられました」と感謝を込めた。

 最後は、AKB48グループを揺るがせているNGT48の騒動を示唆するように、「最近はいろんなことがあったりするじゃないですか。悲しい気持ちにさせたり、そういうのはAKB48グループにあってほしくない」と吐露。「私の好きなAKB48はみんなで作るもの。変わらず応援していってほしいです」とファンに呼びかけていた。

 ステージには、岡田奈々(21)、卒業生の西野未姫(20)らと研究生時代に組んだ7人組ユニット「てんとうむChu!」がメンバーが再集結。正規メンバーになって初めて所属したチーム4を率いた峯岸みなみ(26)らと代表曲「清純フィロソフィー」も披露した。