2018.11.14 05:00

ユーミン、7年ぶり紅白当確!平成最後の歌合戦、14日にも出場歌手発表

ユーミン、7年ぶり紅白当確!平成最後の歌合戦、14日にも出場歌手発表

特集:
第69回紅白歌合戦
2011年以来、7年ぶりの紅白出場が内定した松任谷。平成最後の暮れを彩る

2011年以来、7年ぶりの紅白出場が内定した松任谷。平成最後の暮れを彩る【拡大】

 シンガー・ソングライター、松任谷由実(64)が大みそかの「第69回NHK紅白歌合戦」(後7・15)に出場することが13日、内定した。14日にも発表されるが、正式に決定すれば7年ぶり3度目。時代や世代を超えて親しまれる独自のユーミンボイスが平成最後の紅白を盛り上げる。

 紅白にふさわしい国民的アーティストが7年ぶりに舞い戻ってくる。

 ユーミンは今年4月、デビュー45周年アルバム「ユーミンからの、恋のうた。」を発売。9月から始めた全国ツアーは来年4月まで続ける。1972年に荒井由実として「返事はいらない」でデビュー以来、精力的に活動してきたが、今年はさらに輝きを増している。

 4月にはNHKを代表する音楽番組「SONGS」に出演。8月には茨城県で行われたロックの夏フェスに初出場し、同月にはNHK FMの特番でも特集された。9月にはオリジナル全424曲の配信も始め、平成ラストイヤーはまさに“挑戦の年”となった。

 紅白にはこれまで2005年に音楽バンドで初出場し、2011年にはソロで90人の合唱隊とともに「(みんなの)春よ、来い」を歌った。紅白は同年以来となる。

 関係者は7年ぶり3度目、ソロでは2度目となる紅白出場内定について「中高年の長年のファンだけでなく、ユーモアあふれるトークで若い世代にも人気がある。素晴らしい歌の数々だけでなく、人間的な魅力が高いことから紅白出場が決まったようだ」と語る。

 さらに10月には、さまざまな文化分野で業績を上げた個人や団体に贈られる「第66回菊池寛賞」(主催・日本文学振興会)に選出されたばかり。歌手の受賞は1994年の安田祥子(77)、由紀さおり(74)姉妹、2013年のサザンオールスターズに次いで3組目で、男女を通じソロアーティストとしては初となった。

 さまざまな活躍が追い風になったようで、さらに進化したユーミンワールドが新しい年号に“つなぐ”日本に風を巻き起こす。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. ユーミン、7年ぶり紅白当確!平成最後の歌合戦、14日にも出場歌手発表