2018.10.15 16:00

水森かおり、チャレンジシリーズ第4弾「マッスルモンスター」で絶叫

水森かおり、チャレンジシリーズ第4弾「マッスルモンスター」で絶叫

チャレンジを成功させ笑顔を見せる水森かおり

チャレンジを成功させ笑顔を見せる水森かおり【拡大】

 歌手、水森かおり(45)が15日、神奈川・相模原市のさがみ湖リゾートプレジャーフォレストで新曲「水に咲く花・支笏湖へ」(3月20日発売)の購入者特典応募企画「秋のスペシャルイベント2018」を開催した。

 同企画は水森のチャレンジシリーズ第4弾。15年はバンジージャンプ、16年はイルカに乗り、17年はキリンのエサやりとカバの背中にまたがった。今回はさらにチャレンジの難易度がアップしており、水森は標高370メートルの山地斜面に立つ高さ16メートルの巨大クライミングアトラクション「マッスルモンスター」に降り立った。

 25組50人のファンが見守るなか、場違いなドレス姿で登場した水森は崖下をのぞき込んで「こわい~!」「パンツ見えてません?」を連発しながら2本の命綱を器用に操りながら絶叫スリルアトラクション「勇気の一本橋」を1歩、1歩踏み出し断崖絶壁の空中に浮かぶ鐘を見事鳴らすことに成功した。

 無事に帰還を果たした水森は「最初の1歩は怖いけど勇気で1歩進むことを学びました。上を目指さないといけないですから」とチャレンジ精神旺盛。また、「ファンの方が『やめてー!』って言うのを聞くと行きたくなりますね」といたずら心を見せ、下腹部に装着したハーネス(安全帯)について「慣れてなくて。食い込めば食い込むほど気合が入る」と余裕で笑わせた。

 16年連続16回目の出場を狙うNHK紅白歌合戦については「残りの期間を一生懸命頑張っていい結果が出せたら」と意欲を見せた。

  • 巨大クライミングアトラクション「マッスルモンスター」に登った水森かおり。目もくらむ空中で見事鐘を鳴らした
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 水森かおり、チャレンジシリーズ第4弾「マッスルモンスター」で絶叫