2018.10.8 14:56

細川たかし&杜このみ、初デュエット曲熱唱 被災の故郷・北海道を応援

細川たかし&杜このみ、初デュエット曲熱唱 被災の故郷・北海道を応援

イベント「第30回 北海道フェア in 代々木 ザ・北海食堂」で真狩村産の男爵いもを無料配布した左から杜このみと細川たかし=東京・渋谷区神南

イベント「第30回 北海道フェア in 代々木 ザ・北海食堂」で真狩村産の男爵いもを無料配布した左から杜このみと細川たかし=東京・渋谷区神南【拡大】

 歌手、細川たかし(68)が8日、弟子の歌手、杜このみ(29)と東京・代々木公園野外ステージ前広場で開催されたイベント「第30回 北海道フェア in 代々木 ザ・北海食堂」で24日発売のデュエット曲「新・応援歌、いきます」を初披露した。

 2人は北海道出身という縁で、同イベントの応援大使に就任。同曲は2人にとって初のデュエット曲だが、完成したばかりということもあり、細川はうちわの裏に書かれた歌詞をみながら熱唱。さらに、細川の故郷・真狩村の男爵いも100個を無料で配布するなどして盛り上げた。

 細川は9月6日に発生した北海道地震に言及し、「ここでおいしいラーメンやジンギスカンを食べることが地元の経済活性化と支援につながる」とアピール。一方、杜の実家は酒店を経営し「商品の瓶が割れましたが、今は大丈夫。被害を引きずらない切り替えの早さが北海道の開拓者精神です」と強調した。

 杜はこの日、艶やかな紅白柄の着物で熱唱。「NHK紅白歌合戦に出ることが故郷を勇気づけることにつながる」と気合を入れていた。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 細川たかし&杜このみ、初デュエット曲熱唱 被災の故郷・北海道を応援