2020.11.12 12:00

【竿々学々】千葉県・房総半島、高滝湖のワカサギ本番へ!11月からドーム船もスタート

【竿々学々】

千葉県・房総半島、高滝湖のワカサギ本番へ!11月からドーム船もスタート

特集:
竿々学々

 ――師匠、あちらこちらから紅葉便りが聞かれ始め、秋本番って感じになってきましたね。秋になればやっぱりワカサギ釣りですよね。今シーズンはどうなんですか。

 「おお、確かに急激に秋の様相を呈してきたな。今シーズンのワカサギは、場所によってかなりムラがあるようだな」

 ――父の話では、気温、水温がなかなか下がらなかったので、群れが固まるのが遅れ、群れの動きも速かったので、数が伸びなかったんじゃないかって言っていましたが…。

 「う~ん、確かに父君の言う通り、海と同様に湖や河川の水温低下も大幅に遅れていたからな。房総半島の高滝湖でも、シーズン当初は釣果のムラが相当激しくて、今シーズンはダメじゃないか-って感じたファンも多かったようだな」

 ――でも、私の友人は10月の半ばに出掛けて3束釣り(300匹超え)をしていましたよ。

 「そうなんだよ。群れにうまく当たった人たちは、まとまった数が釣れたんだが、逆に外れてしまった人たちの中には1桁釣果なんて人もいたようだからな」

 ――やっぱり群れが固まっていなかったということなんですか。

 「そういうことだと思うがな。11月からはドーム船も始まってソコソコ釣れているみたいだから、今後は徐々に良くなっていくと思うがな」

 ――高滝湖にもドーム船があるんですか。

 「ああ、何百人も乗れるような大型じゃないが、小型のモノが何隻かあって、予約制で利用できる」

 ――それはいいですね。これからの時期は冷え込みますからね。父に聞いたんですが、高滝湖のワカサギは、タナの変化が激しく、まめに取り直しをしないと満足に釣れないそうですね。

 「おお、それは高滝湖に限ったことではないが、確かに父君が言われる通り、高滝湖はタナの変化が激しい感じはあるな」

 ――実は私、ワカサギ用の電動セット買っちゃったんですよ。

 「なんだか最近は、やたらと電動の道具を使っている人が多くなったな。俺は、相変わらず9尺(約2.7メートル)の和竿の手繰り釣りでやっているがな」

 ――実は父も電動セット、買っちゃったんですよ。

 「え~っ、父君も買ったのか」

 ――だって、1度使ったら便利で楽なんですもの。父も最初は『あんなモノ…』って言っていたんですが、私の道具で1回やった翌日に買いに行きましたよ。

 「う~ん。それじゃ、今週末にでも高滝湖に出掛けるか。ドーム船の予約が空いているか確認しておくから、父君に伝えておいてくれ」

 ――分かりました。予約が取れなくても行きましょうね。まだ、それほど寒くないし、ボート釣りでもいいじゃないですか。

 「ああ、分かった」