2020.10.31 07:30

【星野伸之 緩急自在】阪神、目に見えないミスの積み重ねが巨人に引き離された原因

【星野伸之 緩急自在】

阪神、目に見えないミスの積み重ねが巨人に引き離された原因

十回、押し出し死球の判定が覆り、ぶ然の矢野監督ら阪神ベンチ=横浜スタジアム(撮影・荒木孝雄)

十回、押し出し死球の判定が覆り、ぶ然の矢野監督ら阪神ベンチ=横浜スタジアム(撮影・荒木孝雄)【拡大】

 (セ・リーグ、DeNA3-3阪神=延長十回規定により引き分け、21回戦、阪神10勝8敗3分、30日、横浜)死球押し出しがリプレー検証で覆るなど、何ともすっきりしない試合になってしまった。ファン目線なら、延長十回無死一塁からの盗塁失敗も疑問が残るだろう。梅野の送りバントで得点圏で進めるのがセオリーだ。

 感じたのは、直後に決めた小幡の二盗も、あまりに素晴らしいスタートだったこと。ということは三嶋の癖を見破っている可能性がある。ならばあの作戦も十分に「あり」。外から分からないベンチの事情がある。ただ熊谷は絶対に成功させなければいけない。

 ことし1年を通じて、つまらないミスが繰り返された。この試合でも、五回1死一、二塁から投ゴロ併殺に取れるところを、送球を受けた遊撃・木浪が転倒して走者が残ってしまった。もしここで同点されていたら、勝ち投手の権利がかかった場面だから、投手への影響は大きい。その後の投手起用も大幅に変わってきたかもしれない。記録に残らないミスだが、勝敗を左右しかねない。

 目に見えないミスの積み重ねが、優勝した巨人に大きく引き離された一因だったのは間違いないだろう。(本紙専属評論家)

試合結果へプロ野球日程へ

  • DeNAと引き分け、タッチする阪神ナイン=横浜