2019.4.16 20:51

服部勇馬、東京五輪午前6時号砲に「慣れていくしかない」/マラソン

服部勇馬、東京五輪午前6時号砲に「慣れていくしかない」/マラソン

500万円の報奨金ボードを手に、はにかんだ表情の服部勇馬

500万円の報奨金ボードを手に、はにかんだ表情の服部勇馬【拡大】

 陸上男子マラソンの服部勇馬(25)=トヨタ自動車=が16日、東京都内で行われた日本実業団連合の年間表彰式に出席した。この日、2020年東京五輪での競技の午前6時開始が正式に決まったことを受け、「一人だけ早いわけではない。日々の生活から慣れていくしかない」との考えを示した。

 レースに臨む際は、号砲の4時間半前には起床するという。まずは、9月15日に行われる午前8時50分スタートの五輪代表選考会「グランドチャンピオンシップ(MGC)」で出場権を獲得し、本番への準備を進めたい。

 MGCに向けて、7月から米国で約1カ月間の合宿を行うことを明らかにした。「ライバル選手に勝てる取り組みをしていきたい。日本を代表する強い選手になりたい」と言葉に力を込めた。