2020.7.2 21:54

【試合結果】ヤクルト&日本ハムがサヨナラ勝ち!阪神ドロ沼10敗/2日のプロ野球

【試合結果】

ヤクルト&日本ハムがサヨナラ勝ち!阪神ドロ沼10敗/2日のプロ野球

 プロ野球は2日、セ・パ両リーグで6試合が行われた。

巨人・坂本の2000安打達成を祈念してスタンドに置かれたぬいぐるみ「ライオンハヤト」=東京ドーム(撮影・福島範和)

試合速報へ


(セ・リーグ、巨人5-3DeNA、3回戦、巨人2勝1敗、2日、東京D)

力投する先発の巨人・桜井=東京ドーム(撮影・斎藤浩一)

 巨人は四回に炭谷の2点二塁打で先制し、八回に中島、パーラ、炭谷の適時打で3点を加えた。桜井は8回2安打1失点で9三振を奪い、今季初勝利を挙げた。DeNAは大貫が4回2失点と粘れず、九回の追い上げも及ばなかった。

試合結果へ


(セ・リーグ、ヤクルト9x-5広島、2回戦、ヤクルト2勝、2日、神宮)

9回裏、ヤクルト・村上がサヨナラ満塁ホームラン。ホームインした村上をナインがもみくちゃにする=神宮球場(撮影・今野顕)

 ヤクルトが3位に浮上。5-5の九回に、村上がサヨナラ満塁本塁打を放ち、試合を決めた。1点を追う七回には西浦のこの日2本目の本塁打で追い付いた。石山が今季初勝利を挙げた。広島は勝率が5割となった。

試合結果へ


(セ・リーグ、中日4-2阪神、3回戦、中日3勝、2日、ナゴヤD)

中日先発の岡野=ナゴヤドーム(撮影・松永渉平)

 中日が今季初の3連勝で勝率を5割に戻した。新人の岡野は直球で押し、5回2失点でプロ初勝利。打線は一回にビシエドの3号3ランで先制し、3-2の八回は代打井領の適時打で加点した。阪神は元気がなく、4連敗で10敗目。

試合結果へ


(パ・リーグ、楽天5-8ロッテ、3回戦、楽天2勝1敗、2日、楽天生命)

試合終了後、無人の右翼スタンドへ挨拶をするロッテ・井口監督=楽天生命パーク(撮影・土谷創造)

 ロッテが今季最多の8得点で単独首位に立った。2-2の三回に清田の右前打で1点を勝ち越し、五回にはマーティンの2点適時打などで3点を加えた。岩下は5回3失点で2勝目。楽天は塩見が五回途中6失点と崩れて2位に後退。

試合結果へ


(パ・リーグ、西武9-5オリックス、3回戦、西武2勝1敗、2日、メットライフ)

試合に勝利し、喜び合う辻監督(中央)ら西武ナイン=メットライフドーム(撮影・蔵賢斗)

 西武は5-5の七回に森の2点二塁打で勝ち越し、八回に金子の適時二塁打と森の適時内野安打で2点を加え、突き放した。平井に今季初勝利が付いた。オリックスは救援陣が踏ん張れず、七回に2点差を追い付く粘りが実らなかった。

試合結果へ


(パ・リーグ、日本ハム9x-8ソフトバンク、3回戦、1勝1敗1分、2日、札幌D)

9回、日本ハム・野村(右)が逆転のサヨナラ二塁打を放ち、ベンチの出迎えを受ける=札幌ドーム(撮影・荒木孝雄)

 日本ハムがサヨナラ勝ち。7-8の九回2死二、三塁で野村が中越えに二塁打を放ち、試合を決めた。九回を三者凡退とした秋吉が今季初勝利。ソフトバンクはバレンティンの2本塁打などで得点を重ねたが、最後に森が打たれた。

試合結果へ