2019.8.17 21:35

ヤクルト・村上、プロ初1試合2本塁打「集中してやることが今できること」

ヤクルト・村上、プロ初1試合2本塁打「集中してやることが今できること」

ヒーローインタビューを終えつば九郎とポーズをとるヤクルト・村上=神宮球場(撮影・長尾みなみ) 

ヒーローインタビューを終えつば九郎とポーズをとるヤクルト・村上=神宮球場(撮影・長尾みなみ) 【拡大】

 ヤクルト・村上宗隆内野手(19)がプロ入り初となる1試合2本塁打を放ちチームを勝利に導いた。

 村上は4-4で迎えた四回、先頭で打席に立つと、1ストライクから柳の高め139キロ真っすぐを右翼スタンドへ運ぶ27号ソロを放ち勝ち越しに成功。さらに六回、2死走者なしの場面で打席に立つとカウント1-2から柳の141キロ真っすぐを右翼スタンドへ運ぶ28号ソロを放ち貴重な追加点を挙げた。

 ヒーローの村上は「素直にうれしいです」と喜んだ。打点王などのタイトルも見えてきたが「1打席、1打席を集中してやることが今できることだと思ってるのでそれを継続してやっていきます。今できることをしっかりやって、その結果として最後ついてくると思うのでしっかり頑張りたい」と意気込んだ。

試合結果へ

  • 試合後スタンドの声援に応えるヤクルト・村上=神宮球場(撮影・長尾みなみ)
  • 6回、本塁打を放ち、ベンチ前でナインとタッチを交わすヤクルト・村上=神宮球場(撮影・長尾みなみ)
  • 6回、本塁打を放つヤクルト・村上=神宮球場(撮影・長尾みなみ)
  • 4回、本塁打を放つヤクルト・村上=神宮球場(撮影・長尾みなみ)
  • 4回、本塁打を放ち生還したヤクルト・村上はつば九郎に頭を揉まれる=神宮球場(撮影・長尾みなみ)