2019.6.14 16:40

ロッテがスカウト会議、捕手最大3人指名の方針明言「田村の次の世代を」

ロッテがスカウト会議、捕手最大3人指名の方針明言「田村の次の世代を」

 ロッテは14日、千葉市内でスカウト会議を行い、1位指名候補8人をリストアップした。

 松本尚樹球団本部長(48)は「1位はほとんど投手中心になっていた。みなさんが考えている選手は入っていると思います」と明かし、高校史上最速の163キロ右腕、大船渡高の佐々木朗希(ろうき)をはじめ、星稜高の奥川恭伸、横浜高の及川雅貴、創志学園高の西純矢、明大の森下暢仁らがリストに入ったとみられ、「これから高校野球の夏の予選も始まりますが、この8人は動かないと思います」と説明した。

 また、育成指名を含めて、捕手を最大3人指名する方針も明かした。「2~3人、できたら若いキャッチャーを。田村というしっかりした捕手がいるので、その次の世代のキャッチャーの人数を増やしたい。基本は高校生のキャッチャー」と語った。