2019.4.15 05:03(1/2ページ)

西武・山川、5カード連続弾!スタメン外れた源田の分も

西武・山川、5カード連続弾!スタメン外れた源田の分も

七回に森(左)が2号ソロ。出迎えた山川は“どすこいポーズ”を拒否され、1人でおどけた (撮影・中井誠)

七回に森(左)が2号ソロ。出迎えた山川は“どすこいポーズ”を拒否され、1人でおどけた (撮影・中井誠)【拡大】

 (パ・リーグ、西武11-3オリックス、3回戦、西武2勝1敗、14日、メットライフ)西武は14日、オリックス3回戦(メットライフ)に11-3で快勝し、勝率を5割に戻した。4番・山川穂高内野手(27)が五回、1点を勝ち越した後に6号3ランを放ち、早くもパ・リーグ5球団からの本塁打で開幕から5カード連続のアーチを記録した。前日13日の同戦で右手首に死球を受けた源田壮亮内野手(26)がスタメンから外れる中、組み替えた打線が機能し、計12安打で今季2度目の2桁得点を奪った。

 ベンチで戦況を見つめる後輩の悔しさを晴らすひと振りだ。1点リードの五回無死一、二塁。山川がフルスイングした打球は、左翼席上段に突き刺さった。

 「狙っていました。打った瞬間にいったな、と思った。こういう本塁打をどんどん打てればいい」

 手応えは十分。不動の4番が4試合ぶり、リーグ2位の6号3ランで流れを一気に引き寄せた。開幕からパ5球団との対戦が終わり、全5球団から本塁打。5カード連続のアーチでチームは勝率5割に復帰した。

 源田が前日13日に受けた死球の影響でスタメンから外れるピンチ。「2番・遊撃」を失った辻監督は打線の組み替えを敢行した。3番の秋山を2番に入れ、3番には外崎を指名。秋山が5打数2安打2打点と活躍すると、外崎は五回に同点の左前適時打を放つなど、見事に機能し、計12安打で11得点を奪った。

【続きを読む】

  • 3点本塁打を放つ山川
  • 西武・13、14日のスタメンを比較
  • 力投する西武・高橋光成
  • 5回、3点本塁打を放つ西武・山川=メットライフドーム(撮影・中井誠)
  • 5回、3点本塁打を放ち、ベンチ前で「どすこいポーズ」をする西武・山川、外崎、秋山、レオら=メットライフドーム(撮影・中井誠)
  • 3点本塁打を放ち、ベンチ前で「どすこいポーズ」をする西武・山川穂高(撮影・中井誠)
  • 試合に勝ち、ヒップタッチする山川とヒップタッチするも、はじき飛ばされた西武・佐藤(手前)=メットライフドーム(撮影・中井誠)
  • 7回、2点適時打を放つ西武・金子侑=メットライフドーム(撮影・中井誠)
  • 7回本塁打を放つ、西武・森=メットライフドーム(撮影・中井誠)
  • 6回、犠飛を放つ西武・外崎=メットライフドーム(撮影・中井誠)
  • 6回、2点適時三塁打を放つ西武・秋山=メットライフドーム(撮影・中井誠)
  • 7回、代走として出場した西武・源田=メットライフドーム(撮影・中井誠)