2018.10.18 05:04(1/3ページ)

矢野新監督がくじ引く!阪神、大阪桐蔭・根尾ドラフト1位最有力

矢野新監督がくじ引く!阪神、大阪桐蔭・根尾ドラフト1位最有力

特集:
2018ドラフト情報
根尾は福井国体でも投打で活躍。ここに来て阪神の評価も急上昇した

根尾は福井国体でも投打で活躍。ここに来て阪神の評価も急上昇した【拡大】

 必死のパッチで引いてみせます! 阪神が25日に開催されるドラフト会議で、大阪桐蔭・根尾昂内野手(3年)を1位筆頭候補にしたことが17日、分かった。超高校級の“二刀流”として複数球団による抽選は必至。近日中に就任会見を行う矢野燿大新監督(49)が、くじ引き役に内定した。再出発にふさわしい金の卵を、つかんでみせる!!

 黄金の右手か。それとも現役時代、数々の名投手を受けてきた左手か。最大5年とみられる長期契約を受けた矢野新監督が、25日のドラフト会議で根尾を引き当てる。

 「『いけ』っていわれたらっていうか。どうやって(くじ引き役を)決めてるんやろな。今まではどうしてんの? (監督が通例なら)引くしかないんちゃうん?」

 1位競合の抽選は岡田監督、真弓監督、和田監督、金本監督ら歴代の指揮官が務めてきた。球団幹部も「矢野監督にお願いしようと思う」と話しており、内定した。

 監督が代われば、ドラフト戦略も変わる。球団-本社間では春先から福留、糸井らの後継候補として、俊足強打の大阪桐蔭高・藤原恭大外野手を1位最有力候補に位置づけていた。一方で本社を中心に今夏の甲子園、アジア選手権を通じて、改めて潜在能力の高さを証明した根尾を内野手として再評価。根尾が本職とする遊撃には糸原や北條、植田ら若虎がひしめくが、それを突き上げる次世代のスター、しかも本拠地甲子園で躍動した選手を熱望する機運が高まり、方針転換した。

【続きを読む】

  • 重複すれば矢野新監督がくじを引く。未来の主力を引き当ててみせる
  • 今秋の主なドラフト1位候補
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 矢野新監督がくじ引く!阪神、大阪桐蔭・根尾ドラフト1位最有力