2016.5.17 05:01

東山紀之、初共演の松たか子と“夫婦”共闘「いい作品になるように」

東山紀之、初共演の松たか子と“夫婦”共闘「いい作品になるように」

 少年隊の東山紀之(49)が7月上旬放送のTBS系スペシャルドラマ「ふつうが一番-作家・藤沢周平 父の一言-」(放送時間未定)に主演することが16日、分かった。

 「蝉しぐれ」などで知られる直木賞作家、故藤沢周平氏とその家族を描くヒューマンドラマで、藤沢氏の娘でエッセイスト、遠藤展子さん(53)の「藤沢周平 父の周辺」「父・藤沢周平との暮し」が原作。

 初共演の女優、松たか子(38)が妻、小菅和子役。プロデューサーの石井ふく子さん(89)が「どうしても東山さんと松さんで」と3年越しで夫婦役をキャスティングした。

 東山は「とても偉大な作家の役を演じさせていただくことになり、光栄です。藤沢先生も和子さんという奥様に恵まれ、直木賞を受賞した。僕も松さんのお力をいただいて、いい作品になるように努めます」と“夫婦”共闘を約束した。