2018.6.15 08:00

【真中満氏 満点ど真ん中】勝ちも…気になったつながりが悪いDeNA打線

【真中満氏 満点ど真ん中】

勝ちも…気になったつながりが悪いDeNA打線

特集:
真中満氏 満点ど真ん中
4回、安打を放つDeNA・筒香=ZOZOマリンスタジアム(撮影・蔵賢斗)

4回、安打を放つDeNA・筒香=ZOZOマリンスタジアム(撮影・蔵賢斗)【拡大】

 (セ・パ交流戦、ロッテ1-4DeNA=延長十一回、3回戦、ロッテ2勝1敗、14日、ゾゾマリン)勝ちはしたものの、DeNA打線のつながりの悪さが目についた。延長十一回に3点を挙げて勝ったが、十回までに12安打しながら1得点。延長戦にもつれ込む前に、ケリをつけられる試合だった。

 ロペス、ソト、梶谷。長打を期待できる3選手を欠いているのだから致し方ないともいえるが、とりわけロペスの不在が痛い。得点の確率を高めるには、いかに4番・筒香の前に走者をためるか。しかし、ロペスが故障で離脱してからは3番打者をなかなか固定できずに苦労している。

 3番・筒香、4番・宮崎にするのも一つの手だろう。筒香にチャンスメーカーの役割も託した方が、効率的な攻めを望めるのではないだろうか。ただ、逆にいえば、若手にとっては大きなチャンス。乙坂、楠本、佐野らは、3番をつかみ取る意識で大いに奮起してほしい。 (サンケイスポーツ専属評論家)

試合結果へ

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. DeNA
  5. 【真中満氏 満点ど真ん中】勝ちも…気になったつながりが悪いDeNA打線