2020.5.30 17:55

元モー娘。道重さゆみ、ナルシストキャラは本心「かわいいのはゆずれなかった」

元モー娘。道重さゆみ、ナルシストキャラは本心「かわいいのはゆずれなかった」

道重さゆみ

道重さゆみ【拡大】

 元モーニング娘。のリーダーでタレント、道重さゆみ(30)が30日、TBSラジオ「土曜ワイドラジオTOKYO ナイツのちゃきちゃき大放送」(土曜前9・0)に出演。自身のモーニング娘。時代について語った。

 お笑いコンビ、ナイツの塙宣之(42)と土屋伸之(41)がパーソナリティーで、TBSの出水麻衣アナ(36)がアシスタントを務める同番組。

 モーニング娘。加入当時について、「いままで挫折というものを味わったことがなくて。いざ『モーニング娘。』に入ったら、『私、歌下手なんだとか、先輩たちすごい』っていう、そこで壁がありました。それを気付くまでにも時間がかかって。自信満々で入っちゃてるんで…」と回顧。「できて当たり前だからと思って、練習せずにいた。そしたら、当時のリーダーの飯田圭織さんとかに『全然できてないよ』って言われて。これが現実なんだってびっくりしました」と振り返った。

 これを受けて土屋は「でもバラエティーとか出たら、『私が一番かわいい』ってすごい言ってたじゃない?それはちょっとキャラをつくってたの?」と質問。

 道重は「言ってました。本心でしたね。かわいいのは譲れなかったんですよ。そこは自信をもって…」と解答し、共演者を笑わせた。

 「リーダーになる前までは、自分がかわいいだとか、自分さえよければいいっていう考えで…他の人が目立ってなくても、自分がコメントでつかわれればそれでいいっていう考え方で」と赤裸々に告白。「いざリーダーになってみたらそういうわけにもいかず、グループのことを考えたりとか、どうこうしたら、モーニング娘。がもっと世間の人に知ってもらえるかって考えてましたね」と心境の変化があったと明かした。

 道重は約1万4000人のオーディションを勝ち抜き、2003年1月に第6期生としてモー娘。に加入。毒舌ナルシストキャラをみせたバラエティー番組やCMのほか、多方面で活躍、2014年11月26日にモーニング娘。’14を卒業した。