2020.5.21 05:02

高校野球ファン歴40年以上の爆問・田中は絶句「3年生最後の夏はもう戻らないのか…」

高校野球ファン歴40年以上の爆問・田中は絶句「3年生最後の夏はもう戻らないのか…」

爆笑問題・田中裕二

爆笑問題・田中裕二【拡大】

 新型コロナウイルスの影響で第102回全国高校野球選手権大会の中止が決まった20日、高校野球ファンの芸能人から落胆の声が相次いだ。夏の甲子園中止は戦後初で、選抜大会と春夏連続の中止は戦時中を除いて史上初。ファン歴40年以上で、スタンド観戦芸人としても知られる爆笑問題・田中裕二(55)は「3年生最後の夏はもう戻らないのか…」と絶句した。

 東京都内での番組収録の途中で中止を知った田中は本紙の電話取材に応じ「地道に練習を積み重ね、現在のメンバーで挑む最後の大舞台がなくなることは本当につらいと思う」と思いやった。

 近年は子育て優先で生観戦は控えるが、2006年の夏の甲子園では炎天下のアルプス席から決勝再試合、早実-駒大苫小牧に声援を送った。

 「中止はファンとして寂しいけど(同時期の)東京五輪も延期なので仕方ない」とコロナ禍の現状を受け止めた田中。代表49校を決める地方大会も中止で、夢舞台の道が完全に閉ざされた球児の無念を想像し、「3年生最後の夏はもう戻らないのか…」と絶句した。

 田中は1974年の夏の甲子園で神奈川・東海大相模高の三塁手として甲子園に初登場した巨人・原辰徳監督(61)のプレーに魅了されてからの野球ファン。同大会から金属バットが採用され、青空に響く打球音と大歓声に胸を熱くしてきた。

 甲子園ならではの感動を知るだけに、「一戦必勝の緊張感は高校野球がある限り変わらない」と力説。球児には「この状況だからこそ生まれる仲間との団結力や特別な絆がきっとある。それは大きな支えになるし、挫折をバネに未来に向けて歩んでほしい」と願った。