2014.4.20 05:03

錦織一清、植草結婚を自虐的に祝福「一度もしたことないのに…」

 少年隊の錦織一清(48)が脚色演出を務めるミュージカル「ザ・オダサク~愛と青春のデカダンス~」が19日、横浜市のKAAT神奈川芸術劇場で開幕した。

 少年隊といえば植草克秀(47)が昨年10月に再婚、女児が誕生していた事実が今月中旬に報じられたばかり。上演後の会見で錦織は昨年末に植草から報告を受けていたことを明かした上で、「人が一度も(結婚を)したことないのに…」と自虐的に祝福。自身の結婚については「僕は大丈夫。独り暮らしのプロフェッショナルになりました」と否定的だった。

 同作は「夫婦善哉」で知られる作家、織田作之助の半生を描く。主演の俳優、内博貴(27)はこの日のクライマックス場面で靴が脱げるハプニングが。昨年の初演初日には軽度のぎっくり腰になるアクシデントがあったといい、「やっぱり初日には何かがあるんですね」と苦笑した。公演は29日まで同所で。

(紙面から)