2019.12.18 04:00(1/2ページ)

山口がブルージェイズと合意 2年契約で年俸3・3億円程度、メディカルチェック後正式契約へ

山口がブルージェイズと合意 2年契約で年俸3・3億円程度、メディカルチェック後正式契約へ

特集:
山口俊
今月10日に巨人の優勝旅行で米ハワイに出発した山口。常夏の島に吉報が届いた

今月10日に巨人の優勝旅行で米ハワイに出発した山口。常夏の島に吉報が届いた【拡大】

 ポスティングシステムを利用して、メジャー移籍を目指している巨人・山口俊投手(32)が米大リーグ、ブルージェイズと2年のメジャー契約、年俸300万ドル(約3億3000万円)を基本線に大筋で合意したことが17日、分かった。近日中に滞在先のハワイから、カナダ・トロントに向かい、メディカルチェックを受ける。問題がなければ正式に契約を結ぶ流れだ。

 自主トレ中のハワイに吉報が届いた。初めて巨人がポスティングシステムを容認した山口が、ブルージェイズとのメジャー契約で大筋合意した。

 「レンジャーズも本格的に獲得を検討したようだが、ここにきてブルージェイズが好条件のオファーを出し、決めたもようだ」と米球界関係者が明かした。2年契約で年俸300万ドル(約3億3000万円)を軸に出来高も付く見込みだ。

 今月4日にポスティング申請をした直後からレ軍、ブルワーズ、カージナルスなどが獲得に興味を示していた。レ軍は16日にトレードでインディアンスからオールスター3度出場、サイ・ヤング賞(最優秀投手賞)2度のクルバーを獲得したことで、先発5枠が埋まり、撤退したところに好オファーが舞い込んだ。

 田中が所属するヤンキースや筒香のレイズと同じア・リーグ東地区のブ軍は、15年にリーグ優勝を果たすも、最近は3年連続4位と低迷している。今季はリーグ8位のチーム防御率4・79。特に先発陣は規定投球回(162回)をクリアした投手と2桁勝利がゼロだった。

【続きを読む】

  • 山口俊の年度別登板成績
  • ブルージェイズ・来季の先発ローテ候補