2019.10.11 05:02

西武・今井、背信三回途中6失点…リベンジならず

西武・今井、背信三回途中6失点…リベンジならず

戦況を見守る中村剛也(中央)ら西武ナイン

戦況を見守る中村剛也(中央)ら西武ナイン【拡大】

 (パ・クライマックスシリーズ・ファイナルステージ第2戦、西武6-8ソフトバンク、ソフトバンク2勝1敗、10日、メットライフ)負の連鎖を止められなかった。痛恨の逆転負けを喫した前夜に続く2連敗。先発の西武・今井達也投手(21)が三回途中で6失点と崩れ、チームは劣勢に立たされた。

 「回の先頭打者をアウトに取れなかったので、苦しいピッチングになってしまった。森さんの要求通りに投げられなかった」。期待に応えられず、3年目右腕は反省しきりだった。一回に中村晃の適時打であっさり先制を許し、三回は4長打を浴びて4失点。ソフトバンクが誇る中軸に一気に飲み込まれた。

 昨季はファイナルステージ第4戦で、五回もたず4失点でKO。続く第5戦でチームの敗退が決まり、涙を流した。チーム最多の135回1/3を投げて7勝と成長ぶりを示し、1年越しのリベンジを期したマウンドだったが、またも苦い経験となった。

 チームは2試合で計16失点と波に乗れていない。「あしたにつながると思う」。辻監督は最大7点差から2点差まで詰めた展開に、反撃への光明を見ていた。(花里雄太)

第3戦に先発する西武・十亀「僕は内角に投げられないと抑えられない。しっかり攻めるところを攻めれば、次の試合にもつながる」

試合結果へCS日程へ

  • 初回に先制を許す先発の西武・今井=メットライフドーム(撮影・尾崎修二)
  • 先発の西武・今井=メットライフドーム(撮影・村本聡)
  • 3回途中、KO降板となった先発の西武・今井=メットライフドーム(撮影・尾崎修二)
  • 先発の西武・今井=メットライフドーム(撮影・村本聡)
  • 5回、バットを折りながら中安打を放つ西武・木村=メットライフドーム(撮影・長尾みなみ)
  • 5回、適時二塁打を放つ西武・中村=メットライフドーム(撮影・長尾みなみ)
  • 4回、西武・外崎が本塁打を放つ=メットライフドーム(撮影・村本聡)