2019.10.11 05:01

西武・秋山、不調3三振…山川も一発出ず

西武・秋山、不調3三振…山川も一発出ず

4回、西武・外崎が本塁打を放つ=メットライフドーム(撮影・村本聡)

4回、西武・外崎が本塁打を放つ=メットライフドーム(撮影・村本聡)【拡大】

 (パ・クライマックスシリーズ・ファイナルステージ第2戦、西武6-8ソフトバンク、ソフトバンク2勝1敗、10日、メットライフ)1番・秋山は五回無死一、二塁で空振り三振に倒れるなど3三振と精彩を欠いた。ここまで2試合は9打数2安打。昨季もCSは9打席目でようやく初安打が出るなどブレーキになっており、表情は硬い。6番・山川は3度出塁して好機を作ったが、待望の一発は出ず、試合後は「明日勝つために頑張るだけです」と切り替えを誓った。

四回にチーム初安打となる左越えソロを放った西武・外崎「試合勘は戻ってきている。どのような展開であろうと、諦めず1点ずつ取っていくしかない」

3安打1四球で全打席出塁した西武・金子侑「出塁が求められる場面が多かった。一打席ずつ、自分がやれることをやろうと思った」

試合結果へCS日程へ

  • パ・CSファイナルステージ第4戦までの予想ローテ
  • 日本シリーズ出場をかけたプレーオフ、CSで1勝1敗から勝ち越したケース