2019.6.15 05:01

ヤクルトスカウト会議、上位指名候補12人に

ヤクルトスカウト会議、上位指名候補12人に

 ヤクルトは14日、東京・北青山の球団事務所でスカウト会議を開き、今秋のドラフトに向けて263人をリストアップし、1、2位指名候補を12人に絞った。

 衣笠剛オーナー代行兼球団社長、伊東昭光編成部長も出席し、1位候補の大船渡高・佐々木朗希、星稜高・奥川恭伸、明大・森下暢仁各投手ら7選手の映像を確認。橿渕聡スカウトグループデスクは「(候補選手は)投手が多いという確認をした。うちの補強ポイントに合うかもしれない」と話した。