2017.11.26 17:46

【優勝インタビュー】白鵬、場所後に真実話す「日馬富士と貴ノ岩を再び土俵に上げてあげたい」/九州場所

【優勝インタビュー】

白鵬、場所後に真実話す「日馬富士と貴ノ岩を再び土俵に上げてあげたい」/九州場所

八角理事長から賜杯を受け取る白鵬=福岡国際センター(撮影・仲道裕司)

八角理事長から賜杯を受け取る白鵬=福岡国際センター(撮影・仲道裕司)【拡大】

 大相撲九州場所千秋楽(26日、福岡国際センター)14日目に2場所ぶり40回目の優勝を決めた横綱白鵬(32)は大関豪栄道(31)を上手投げで下し、14勝1敗で優勝に花を添えた。優勝インタビューでは横綱日馬富士(33)が平幕貴ノ岩(27)に暴力を振るった問題に触れた。

 白鵬との優勝インタビューの内容は以下の通り。

 --前人未踏の40回目の優勝

 「その前にこの場を借りて、場所中に水を差すようなことになってしまったこと、全国の相撲ファンに力士代表してお詫び申し上げます。私は15歳で来日し、62キロの少年がここまでくるとは誰も思ってなかったと思います。相撲の神様に認められたからこそ、40回の大台があると思います。この土俵の横で誓います。場所後に真実を話し、膿を出し切って日馬富士関と貴ノ岩関を再び土俵に上げてあげたい」

 --今場所を振り返って

 「心と体が疲れた。一番一番、やり遂げた」

 --千秋楽の一番は

 「豪栄道関が今まで以上に力が入っていたので負けないように」

 --八角部屋勢が健闘した

 「途中から同部屋の力士にやられるんじゃないかと思っていた。よくがんばったと思う」

 --年間最多勝

 「秋場所を休場して、自分を追い込みいろんなことをやった。断食をやったり、稽古は嘘をつかないと改めて思った」

 --どうしてここまで追い込めたのか

 「東京五輪までがんばるという気持ちでがんばっている」

 --今後の目標は

 「幕内1000勝を目指してがんばりたい」

千秋楽結果へ

  • 内閣総理大臣杯を手にする白鵬=福岡国際センター(撮影・仲道裕司)
  • パレードに出発する旗手の蒼国来と優勝した白鵬=福岡国際センター(撮影・中島信生)
  • パレードに出発する、旗手の蒼国来と優勝した白鵬=福岡国際センター(撮影・中島信生)
  • 支度部屋でバンザイする関係者の中心で、賜杯を手にし笑顔を見せる白鵬=福岡国際センター(撮影・中島信生)
  • 千秋楽を迎えた大相撲九州場所の日本相撲協会あいさつで、横綱日馬富士の暴行問題について謝罪する八角理事長。右は横綱白鵬=福岡市の福岡国際センター
  • 40度目の優勝を果たし、賜杯を手に笑顔を見せる横綱白鵬=福岡市の福岡国際センター
  • インタビューでバンザイする白鵬=福岡国際センター(撮影・中島信生)
  • 上手投げで豪栄道を下した白鵬=福岡国際センター(撮影・仲道裕司)
  • 上手投げで豪栄道を下した白鵬=福岡国際センター(撮影・仲道裕司)
  • 上手投げで豪栄道を下した白鵬=福岡国際センター(撮影・仲道裕司)
  • 上手投げで豪栄道に勝った白鵬=福岡国際センター(撮影・中島信生)
  • 千秋楽、三役揃い踏み、(左から)白鵬、逸ノ城、嘉風=福岡国際センター(撮影・仲道裕司)
今、あなたにオススメ
Recommended by