2018.1.21 10:00(2/3ページ)

鈴木尚広氏、復興五輪「楽しみ」 上原と福島で野球教室/東北スポーツ

鈴木尚広氏、復興五輪「楽しみ」 上原と福島で野球教室/東北スポーツ

特集:
東北スポーツ
巨人時代の先輩、上原(左)とのトークショーでは鈴木氏の母、とし子さん(中央)が飛び入り参加した(撮影・井上幸治)

巨人時代の先輩、上原(左)とのトークショーでは鈴木氏の母、とし子さん(中央)が飛び入り参加した(撮影・井上幸治)【拡大】

 現役を退いて1年。地元福島に凱旋(がいせん)した鈴木氏が約2時間半、野球教室で充実の時間を過ごした。

 「みんな目を輝かせながらプレーしていた。話も聞いてくれたし、やろうとする意識も見えた。うれしかった」

 この日は福島県内の21チームから約300人の小・中学生が参加。鈴木氏は現役の売り物だった走塁を担当し、ベースの踏み方や塁間の駆け抜け方などを、自ら実践しながら丁寧にアドバイスした。

 共演した巨人時代の先輩、3歳年上の上原については「メジャーリーガーが福島に来てくれるとは、県民にとっても喜ばしいこと」と感謝。2003年5月4日、広島戦(東京D)でプロ初本塁打を放ち、お立ち台で勝利投手の上原とヒーローインタビューを受けたのは一生の思い出だ。

 当時を振り返り上原が「『初本塁打と言っていたので、落としたくなかった』と話したかな」と言えば、鈴木氏も「優しく頭をなでてもらったのを覚えている。今も2人で並んだ写真が部屋に飾ってあるんです」と回顧した。

 福島出身の鈴木氏にとって、2年後には上原との思い出以上に胸躍るイベントがやってくる。福島市の県営あづま球場が、東京五輪の野球・ソフトボール会場の一つに決定した。

【続きを読む】

  • 故郷福島での野球教室で走塁を指導する鈴木尚広氏
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 巨人
  5. 鈴木尚広氏、復興五輪「楽しみ」 上原と福島で野球教室/東北スポーツ