2016.10.16 17:34

日本ハム・大谷、九回登板し最速新165キロ プロ初セーブで日本S進出決定

日本ハム・大谷、九回登板し最速新165キロ プロ初セーブで日本S進出決定

9回のマウンドに上がった日本ハム・大谷=札幌ドーム(撮影・中島信生)

9回のマウンドに上がった日本ハム・大谷=札幌ドーム(撮影・中島信生)【拡大】

 (パ・クライマックスシリーズ・ファイナルステージ第5戦、日本ハム7-4ソフトバンク、日本ハム4勝2敗、16日、札幌D)日本ハム・大谷翔平投手が九回のマウンドに上がり、プロ野球最速となる自己最速の165キロをマークするなど、3者凡退に抑えセーブを記録。4年ぶり7度目の日本シリーズ進出に導いた。

 「3番・DH」で先発した大谷は3点リードの九回、DHを“解除”してマウンドに上がると、先頭の松田に対し初球でいきなり163キロをマーク。3球目には自らが持つ日本最速に並ぶ164キロを出したが、ファウルで粘られた。それでも最後は空振りの三振に仕留めると、続く吉村には1ストライクからの2球目に日本最速を更新する165キロのストレートを投じ、スタンドをどよめかせた。これで追い込むとスライダーで空振り三振に斬った。

 さらに本多にも2ストライクから、この日2度目の165キロ。1-2からの6球目も165キロの真っすぐを投じると、最後はフォークで遊ゴロに打ち取り、マウンドでガッツポーズを見せた。

 大谷のプロ初セーブで日本ハムは日本シリーズ進出を決めた。

  • 9回のマウンドに上がった日本ハム・大谷=札幌ドーム(撮影・中島信生)
  • 9回、日本ハム・大谷の投球は165キロを計測=札幌ドーム(撮影・大橋純人)
  • 五回、近藤の適時二塁打で生還しガッツポーズをする日本ハム・大谷=札幌ドーム(撮影・高橋茂夫)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 日本ハム
  5. 日本ハム・大谷、九回登板し最速新165キロ プロ初セーブで日本S進出決定