記者とっておきの話

2020.1.31 05:00

退任後はユーチューバー!?原監督の柔軟な発想に感服

 発想力にはいつも驚かされる。巨人・原辰徳監督(61)のことだ。ある日の取材。監督退任後に話が及ぶと、候補に挙げたのは、なんとユーチューバー転身だった。「やろうか。野球が終わったら、いろんな友人たちを訪ねてね」。そう言うと、ニヤリと笑った。【続きを読む】

新着ニュース

新着フォト

  • 【記者とっておきの話】退任後はユーチューバー!?原監督の柔軟な発想に感服
  • 【記者とっておきの話】井上監督の「愛情」で導く柔道男子・全階級金メダル
  • 【記者とっておきの話】落語家生活60年!林家木久扇は祖母仕込みの「ほめて育てる」
  • 【記者とっておきの話】大物感漂う桐蔭学園主将・伊藤の“ぶつぶつ”とポジティブ思考
  • 【記者とっておきの話】ヤクルト・高津監督の原点は「しんどかった」亜大時代
  • 【記者とっておきの話】目標の選手なし!少し“とがっていた”20代のころのマエケン
  • 【記者とっておきの話】被災地に勇気を与える照強の豪快塩まき
  • 【記者とっておきの話】X JAPANを守る…YOSHIKIの責任感と使命感

ニュース

  1. サンスポ
  2. スポーツ
  3. スポーツ特集一覧
  4. 記者とっておきの話