2021.5.23 15:48

三浦龍司、専門外5000メートルで日本勢トップ 日本選手権に弾み/陸上

三浦龍司、専門外5000メートルで日本勢トップ 日本選手権に弾み/陸上

 陸上・関東学生対校選手権 最終日(23日、相模原ギオンスタジアム)男子5000メートル決勝は、3000メートル障害で日本記録を持つ三浦龍司(順大)が13分48秒90で日本勢トップの2位に入った。4番手でラスト1周を迎え、最後の直線で一気に順位を上げた。優勝した1500メートルから中1日のレースで、疲労が残っていたという。「優先事項は日本人の中で勝ち切ることだった。それを達成できた」と涼しい表情で振り返った。

 本命の3000メートル障害は6月の日本選手権(大阪)で3位以内に入れば東京五輪代表に決まる。「(今回の結果を)自信にしていきたい」と先を見据えた。