2021.5.23 13:59

黒川和樹、3位以内で五輪切符の日本選手権「優勝します」/陸上

黒川和樹、3位以内で五輪切符の日本選手権「優勝します」/陸上

 陸上・関東学生対校選手権最終日(23日、相模原ギオンスタジアム)男子400メートル障害決勝は黒川和樹(法大)が49秒76で制した。

 序盤から果敢に攻めて主導権を握り、向かい風を受けた終盤は粘った。「あの前半の突っ込みで、後半をまとめられたので満足」と振り返った。

 東京五輪参加標準記録の48秒90は、2週間前の五輪テスト大会で突破済み。疲労が抜け切らないという中、同じく突破者で2学年上の山内大夢(早大)を0秒14差で振り切った。「山内さんに勝つのが第一だった。勝ててよかった」とうなずいた。

 6月の日本選手権(大阪)で3位以内に入れば五輪代表に決まる。「(目標は)3位とか言っていると7位くらいになる。優勝します」と言い切った。