2021.5.20 20:02

三浦龍司、プラン通りの快走 関東学生対校選手権/陸上

三浦龍司、プラン通りの快走 関東学生対校選手権/陸上

特集:
東京五輪競技ニュース
男子1500メートル予選 全体トップの3分46秒29で決勝に進んだ三浦龍司(453)=相模原ギオンスタジアム

男子1500メートル予選 全体トップの3分46秒29で決勝に進んだ三浦龍司(453)=相模原ギオンスタジアム【拡大】

 陸上の関東学生対校選手権第1日は20日、相模原ギオンスタジアムなどで行われ、男子110メートル障害の泉谷駿介(順大)が追い風0・8メートルの予選1組で13秒30をマークし、東京五輪の参加標準記録(13秒32)を突破した。準決勝、決勝は21日に実施。6月の日本選手権で3位以内に入れば五輪代表となる。

 男子3000メートル障害の日本記録を持つ三浦龍司(順大)は1500メートルに出場し、予選全体トップの3分46秒29で21日の決勝に進んだ。

 三浦は男子1500メートル予選2組で最後の半周を切ると集団から一気に抜け出した。「監督からはラスト150(メートル)あたりから出るよう指示を受けていた」と、計画通りの走りだった。

 3000メートル障害での東京五輪出場を目指しているが、今大会は1500メートルと5000メートルにエントリー。「スピード持久力を高める意味でも1500は適している。5000はスタミナ、タフさを向上できれば」と意欲的に取り組んでいる。