2021.5.15 11:22

岡田久美子、東京五輪でのメダル獲得へ「最後の最後まで諦めずに」/競歩

岡田久美子、東京五輪でのメダル獲得へ「最後の最後まで諦めずに」/競歩

 陸上・東日本実業団選手権(15日、熊谷スポーツ文化公園陸上競技場)女子5000メートル競歩で、20キロ競歩東京五輪代表の岡田久美子(29)=ビックカメラ=が21分3秒22で制した。

 序盤からハイペースで押して2位に1分23秒の差をつける圧勝。「セカンドベストなので調子は良くなっていると思う」と声を弾ませた。

 自身が持つ日本記録(20分42秒25)を意識して臨んだが「最初に早く入りすぎた」と反省。「ゆとりを持って入ったら、日本記録も見えたのかな」と振り返った。

 2月に行われた20キロ競歩の日本選手権で同じく五輪代表の藤井菜々子(22)=エディオン=に敗れて2位。7連覇を逃した。3日間ほど落ち込んだが、東京五輪に向けて奮起。「負けていなかったらここまで気持ちを入れられなかった。五輪でもう一度強くなったと言ってもらえるように頑張りたい。最後の最後まで諦めずに3位以内を目指してやっていきたい」と力を込めた。