2021.5.11 22:27

陸連前会長がセネガル帰国 東京五輪巡る収賄疑惑の捜査対象

陸連前会長がセネガル帰国 東京五輪巡る収賄疑惑の捜査対象

特集:
東京五輪競技ニュース

 2020年東京五輪招致を巡る収賄容疑でフランス捜査当局が捜査対象としているセネガル人のラミン・ディアク国際陸連(現世界陸連)前会長が10日、セネガルに帰国した。AP通信が11日伝えた。

 フランス当局が、保証金50万ユーロ(約6600万円)の支払いなどを条件に出国を認めた。前会長が以前に会長を務めたセネガルのサッカークラブが保証金を肩代わりしたという。

 APによると、10日の遅い時間帯に首都ダカールの空港に到着した。87歳と高齢の前会長は、つえをつき家族の介助を受けながら移動。自身にかけられた嫌疑については何も答えなかった。(共同)