2021.5.9 17:48

桐生祥秀、フライング失格に「叫びたいくらい悔しい」 五輪テスト大会でまさか/陸上

桐生祥秀、フライング失格に「叫びたいくらい悔しい」 五輪テスト大会でまさか/陸上

スタートでフライングし、失格となり頭を抱える桐生祥秀=9日午後、国立競技場(撮影・納冨康)

スタートでフライングし、失格となり頭を抱える桐生祥秀=9日午後、国立競技場(撮影・納冨康)【拡大】

 陸上・東京五輪テスト大会(9日、国立競技場)男子100メートル予選2組で前日本記録保持者の桐生祥秀(日本生命)がフライングにより失格した。

 号砲が鳴る前に飛び出し「やってはいけないミス。気持ちが高ぶりすぎて、それを抑えられなかった。本当は叫びたいくらい悔しい」と肩を落とした。

 前世界王者のジャスティン・ガトリン(米国)は予選1組を突破。桐生は「せっかくガトリン選手と走れるのに、走ることができなかった」と唇をかんだ。