2021.5.8 16:54

西田有志が負傷 自力で歩けなくなり退場/バレー

西田有志が負傷 自力で歩けなくなり退場/バレー

 バレーボールの男子日本代表は8日、群馬・高崎アリーナで紅白戦を観客を入れて実施。高橋藍(19)=日体大=らを擁した紅組が、清水邦広(34)=パナソニック=らの白組を3-0で下した。

 第1セット、紅組の主砲、西田有志(21)=ジェイテクト=が12-9でブロックに跳び、着地した際に倒れ、自力で歩けなくなり退場。近くの病院に運ばれた。中垣内祐一監督によると右足首の捻挫で、本人は隣で跳んだ選手の足を踏んだと話しているという。

 中垣内監督は今月下旬に始まる国際大会「ネーションズリーグ」(イタリア・リミニ)へ向けて「大事な選手なので、骨に問題がなければ連れていく。スタッフ総動員で治療にあたりたい」とした。