2021.5.6 05:03(1/2ページ)

一山麻緒、ハーフ自己ベストV!難所『7曲がり』攻略「走りやすかった」/マラソン

一山麻緒、ハーフ自己ベストV!難所『7曲がり』攻略「走りやすかった」/マラソン

自己ベストを21秒更新し、優勝した一山(右)は、北大構内の急な曲がり角が続く「7曲がり」で一気に松田らを引き離した

自己ベストを21秒更新し、優勝した一山(右)は、北大構内の急な曲がり角が続く「7曲がり」で一気に松田らを引き離した【拡大】

その他の写真(1/2枚)

 陸上・札幌チャレンジハーフマラソン(5日、札幌・大通公園-五輪マラソン中間点)札幌に設定された東京五輪のコースを使用したテスト大会として行われ、女子は五輪代表の一山麻緒(23)=ワコール=が1時間8分28秒で優勝した。7つの急な曲がり角があり、難所とされる北海道大学(北大)構内で抜け出し、自己ベストを21秒更新。女子代表がそろい踏みしたレースを制し、3カ月後の本番へ弾みをつけた。今大会は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、沿道での応援自粛が呼び掛けられた。

 木々を揺らす強風に乗って、桜の残る北の大地を駆け抜けた。東京五輪のコースで行われた初の実戦は伸び盛りの23歳、一山が宣言通りの自己ベスト(1時間8分28秒)で優勝した。21秒も縮める快走で、札幌での予行練習は大成功。東京五輪へ、相性の良さを示した。

 「(コースは)走りやすかったです。調子が上がり切っていない中で、自己ベストを出せてうれしい。風も味方してくれた」

 一山、鈴木亜由子(29)=日本郵政グループ、前田穂南(24)=天満屋=の五輪代表が勢ぞろい。新型コロナウイルス感染が広がる札幌市内での開催もあり、注目されたレースだった。優勝争いは一山、鈴木、代表補欠の松田瑞生(25)=ダイハツ=の三つどもえに。勝負の分かれ目となったのは、レース前に「かくかくしたコース」と印象を語った北大構内だった。道幅が狭く、ペースの上げ下げに気をつかう急な曲がり角が7つも続くことから、難所とされる地点で、後続を引き離した。

【続きを読む】