2021.5.4 23:26

西岡良仁、2月以来の白星 マドリードOP/テニス

西岡良仁、2月以来の白星 マドリードOP/テニス

 テニスのマドリード・オープンは4日、マドリードで行われ、男子シングルス1回戦で世界ランク60位の西岡良仁(ミキハウス)は同36位のフィリプ・クライノビッチ(セルビア)に6-2、6-4で勝って2回戦に進出。

 西岡はツアー本戦で2月の大会以来となる白星だった。苦手なクレーコートのシーズンに向けて嫌な流れを変えるため「僕にとっては、かなりの長期滞在」と約1カ月は日本で調整。思い切った決断が奏功した。

 スペインでコーチ修行の経験を持ち、今大会に同行する兄の靖雄氏から、足を滑らせて打つ赤土特有の動きを学んだ。「テニスが良くなっている」と自信を深めて2回戦に向かう。(共同)