2021.5.3 05:00

日本男子、中国に連勝!19歳・高橋藍が19得点/バレー

日本男子、中国に連勝!19歳・高橋藍が19得点/バレー

中国を撃破し、喜ぶ高橋藍(手前右)と西田(同左)。二人がチームの得点源だった

中国を撃破し、喜ぶ高橋藍(手前右)と西田(同左)。二人がチームの得点源だった【拡大】

 バレーボール男子・国際親善試合(2日、東京・有明アリーナ)東京五輪テスト大会を兼ねて行われ、世界ランク9位の日本は同27位の中国を3-1で下し、約1年半ぶりの国際試合を2連勝で終えた。前日に代表デビューした高橋藍(らん、19)=日体大=が強打で得点を稼ぎ、チームに流れをもたらした。新型コロナウイルスの影響による緊急事態宣言を受け、無観客で実施された。

 代表2戦目で、すっかりエースの風格だ。高橋藍は序盤から相手ブロックに当てて出す巧打で連続得点。主砲の西田がマークされた第4セット中盤には難しいトスを次々に決め、流れを奪い返した。両チーム最多の19得点を挙げた19歳は「昨日の課題、高いブロックを相手にするときの打ち方などが、いいものになった。勝負どころで決めたスパイクは自信につながった」と胸を張った。