2021.5.3 16:27

日本、4点スチールで突き放す 吉村「相手のミスにもつけこめた」/カーリング

日本、4点スチールで突き放す 吉村「相手のミスにもつけこめた」/カーリング

チェコ戦でショットを放つ近江谷(中央)。左は船山、右は小野寺=カルガリー(日本カーリング協会提供)

チェコ戦でショットを放つ近江谷(中央)。左は船山、右は小野寺=カルガリー(日本カーリング協会提供)【拡大】

その他の写真(1/3枚)

 来年の北京冬季五輪出場枠が懸かるカーリング女子世界選手権第3日は2日、カルガリーで1次リーグが行われ、日本代表の北海道銀行はチェコを9-2で下して2勝2敗とした。

 北海道銀行の日本は2-1の第4エンドに4点スチールに成功して突き放し、快勝した。

 前日はハウス(円)内にストーンがたまった状態でミスが重なったが、この日はショットの速さをうまく調節して狙い通りに配置できた。スキップ吉村は「しっかりコミュニケーションをとってアイスを読めていたので、相手のミスにもつけこめた」と笑顔を見せた。

 新型コロナウイルス陽性者が出て、スウェーデン戦が延期に。それでもリード船山が「(試合がなくなった)朝の時間で頭をクリアにして、次の試合でやるべきことを明確にして臨めた」と語るように予想外の事態もプラスに変えた。(共同)