2021.5.3 19:50

体操アジア選手権が中止に 新型コロナの影響で、東京五輪予選兼ねる

体操アジア選手権が中止に 新型コロナの影響で、東京五輪予選兼ねる

特集:
東京五輪競技ニュース

 体操の東京五輪予選を兼ね、5~6月に中国で予定されたアジア選手権が、新型コロナウイルスの影響で中止になったことが3日、分かった。同日までに国際体操連盟(FIG)から日本体操協会に連絡が入った。個人の五輪出場枠を争うはずだったが、規定により2019年世界選手権の結果で五輪枠が配分される見通し。

 五輪では4人で編成する団体総合と別に、個人枠で最大2人が出場可能。日本は男子がこれまでに個人枠を一つ確保しており、種目別の鉄棒に絞った内村航平(ジョイカル)らが国内の選考会で代表を目指している。

 同じく中国で予定されたトランポリンのアジア選手権も中止となった。