2021.4.22 20:59

近大のレジェンド古川高晴「モチベーションはMAX」 東京五輪アーチェリー男子代表

近大のレジェンド古川高晴「モチベーションはMAX」 東京五輪アーチェリー男子代表

奈良県生駒市内の練習場で練習を公開した5大会連続連続五輪代表のアーチェリー古川高晴(撮影・平野佑治)

奈良県生駒市内の練習場で練習を公開した5大会連続連続五輪代表のアーチェリー古川高晴(撮影・平野佑治)【拡大】

 5大会連続となる東京五輪アーチェリー男子代表に内定している古川高晴(36)=近大職員=が22日、奈良県生駒市の施設で練習を公開した。1時間の練習中に集中して350本を打ち込んだ。1日で500本ほど打ち込む計画で「常にフォームを修正しながらの練習。勝負どころで弱気になるところも直していきたい」。3カ月後の本番へ状態を上げていくことを誓った。

 今年2月には待望の第1子である男の子が誕生。「さらなるモチベーションになっている。今がMAXなので維持していきたい」。偉大な父として2012年ロンドン五輪(銀)以来のメダルを目指す。