2021.4.9 12:13

塩浦慎理が22秒21で全体1位 池江璃花子は25秒39の2位通過/競泳

塩浦慎理が22秒21で全体1位 池江璃花子は25秒39の2位通過/競泳

特集:
池江璃花子
男子50メートル自由形予選 スタートし飛び込む塩浦慎理=東京アクアティクスセンター

男子50メートル自由形予選 スタートし飛び込む塩浦慎理=東京アクアティクスセンター【拡大】

その他の写真(1/2枚)

 競泳の東京五輪代表選考会を兼ねた日本選手権第7日は9日、東京アクアティクスセンターで予選が行われ、女子50メートル自由形で、白血病から復帰してリレー2種目の五輪代表入りを決めた池江璃花子(ルネサンス)は25秒39の全体2位で通過し、午後の準決勝に進んだ。

 男子50メートル自由形は日本記録保持者の塩浦慎理(イトマン東進)が22秒21の全体1位、100メートルを制した中村克(イトマン東進)が6位で突破。男子1500メートル自由形は平井彬嗣(郵船ロジスティクス)がトップ、竹田渉瑚(オーエンス)が2位で10日の決勝に進出。800メートルで日本新記録を出した黒川紫唯(イトマン富田林)は棄権した。(共同)