2021.4.9 05:03(1/2ページ)

池江璃花子が2冠!東京五輪2枚目切符「リレーのチームを特に引っ張っていけたら」/競泳

池江璃花子が2冠!東京五輪2枚目切符「リレーのチームを特に引っ張っていけたら」/競泳

特集:
池江璃花子
優勝し、400メートルリレーでの代表入りを決めた池江(左)は、4位の大本と笑顔で抱き合った (撮影・恵守乾)

優勝し、400メートルリレーでの代表入りを決めた池江(左)は、4位の大本と笑顔で抱き合った (撮影・恵守乾)【拡大】

その他の写真(1/2枚)

 競泳・日本選手権第6日(8日、東京アクアティクスセンター)2枚目の五輪切符を獲得!! 東京五輪代表選考会を兼ねて行われ、白血病から復帰した女子の池江璃花子(20)=ルネサンス=が、100メートル自由形を53秒98で制し、100メートルバタフライとの2冠を達成した。日本水泳連盟の定める個人の派遣標準記録(53秒31)には届かなかったが、リレーの派遣標準記録(54秒42)を突破。400メートルメドレーリレーに続き、400メートルリレーでも五輪代表入りした。

 肩で息をしながら、電光掲示板のタイムを見つめた。「行った? 行った!!」。上位4人全員が400メートルリレーの派遣標準記録を突破していることを確認した池江は、4位の大本里佳(23)=ANAイトマン=ら仲間と抱き合い、喜びを爆発させた。

 「この種目は特に、4番に入れるか入れないか、派遣(標準記録)を切れるか、切れないかというところがレース前からあった。決勝は『絶対、53秒台を出す』という目標を掲げていたので、達成できてすごくうれしい」

 今大会6本目のレース。前半は落ち着いてトップと0秒04差の2位で折り返すと、ラスト25メートルから頭ひとつリード。持ち味の後半の伸びを欠き、個人の派遣標準記録には届かなかったが、有言実行の53秒台で、復帰後最速となる53秒98で優勝。400メートルメドレーリレーに続く2種目目の五輪切符と、今大会2冠を達成した。

【続きを読む】