2021.4.8 22:34

V3渡部香生子、感謝の涙「絶対に一人ではこういう結果は出せなかった」/競泳

V3渡部香生子、感謝の涙「絶対に一人ではこういう結果は出せなかった」/競泳

女子200メートル平泳ぎ決勝 優勝した渡部香生子=東京アクアティクスセンター(代表撮影)

女子200メートル平泳ぎ決勝 優勝した渡部香生子=東京アクアティクスセンター(代表撮影)【拡大】

その他の写真(1/2枚)

 競泳の東京五輪代表選考会を兼ねた日本選手権第6日は8日、五輪会場の東京アクアティクスセンターで行われ、女子200メートル平泳ぎは渡部香生子(JSS)が2分23秒04で制し、100メートル平泳ぎに続いて代表権を獲得した。

 女子200メートル平泳ぎは、渡部が3連覇で100メートルとの2冠を達成し、五輪切符を手にした。

 2015年に世界選手権の200メートル平泳ぎを制したが、近年は不本意な結果が続いていた。レース後は支えてくれた家族らへの思いがあふれ「絶対に一人ではこういう結果は出せなかった」と涙した。

 目標だった2分22秒台にはわずかに及ばず「後半粘れていない。また鍛え直しかな」と満足していない。「このチャンスを無駄にしないように、悔いのない練習をする」と夏をにらんだ。